教皇フランシスコ、2018年2月18日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年2月18日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日、四旬節第一主日の福音朗読は、誘惑、回心、そして福音をテーマとしています。福音記者マルコは記しています。「それから、霊はイエスを荒れ野に送り出した。イエスは40日間そこにとどまり、サタンから誘惑を受けられた」(マルコ1・12-13)。イエスはこの世における使命に向けて自らを備えるために荒れ野に向かいます。イエスは回心する必要はありませんが、試練を受ければなりません。それは、御父のみ旨に従えるよう、ご自身のために受ける試練であり、誘惑に打ち勝つ恵みをわたしたちに与えられるよう、わたしたちのために受ける試練でもあります。その備えは、悪霊、すなわち悪魔に対する闘いによって成り立ちます。わたしたちにとっても、四旬節は霊的に「奮闘する」とき、霊的な争いのときです。わたしたちは日々の生活の中で悪魔に打ち勝つために、神の助けに支えられ、祈りを通して悪魔に立ち向かうよう求められています。ご存じのように、暴力、他者の拒絶、閉鎖性、戦争、不正義が行われているところでは、残念ながらわたしたちの中と、わたしたちの周囲で悪魔が働いています。これらすべては、悪魔のわざ、悪のわざです。

 荒れ野で誘惑を受けるとすぐに、イエスは福音、「よい知らせ」を説き始めます。第一に「誘惑」で、第二に「よい知らせ」です。この「よい知らせ」には人間の回心――これが第三のことばです――と、信仰が必要です。イエスは「時は満ち、神の国は近づいた」と告げ、「悔い改めて福音を信じなさい」(15節)と促します。それは、神の国が近づいているというよい知らせを信じなさいということです。わたしたちは毎日、必ず回心する必要があります。そして教会はそのために祈るようわたしたちを招いています。実際、わたしたちは完全に神の方を向いているわけではありません。自分の心と気持ちを神に向け続けなければなりません。そのためには、自分たちを惑わすすべてのもの、エゴイズムを巧みに刺激して自分自身を欺く、誤った価値観を拒絶する勇気をもつ必要があります。そして主に、主の優しさに、さらにはわたしたち一人ひとりのための主の愛の計画に、自らをゆだねなければなりません。四旬節は悔い改めるときです。もちろんそうですが、悲しみ、嘆くときではありません。利己主義と「古い自分」を脱ぎ捨て、洗礼の恵みによって自分自身を新しくすることは、喜ばしく厳粛な行いです。

 真の幸せを与えることができるのは神だけです。富や快楽、権力、経歴といった他のものの中に真の幸せを探すのは時間の無駄です。神の国とは、わたしたちの願いがすべて実現することです。なぜなら、神の国は人間の救いであると同時に、神の栄光でもあるからです。この四旬節第一主日にわたしたちは、回心し福音を信じるよう求めるイエスの呼びかけを受け入れ、注意深く耳を傾けるよう招かれています。わたしたちは、決意をもって復活祭に向けて歩み始めるよう促されます。そうすれば、この世界を正義と平和と兄弟愛に満ちた国に変えたいと望んでおられる神の恵みを、さらに多く受けることができるからです。

 イエスが荒れ野でされたように、わたしたちもこの四旬節に、絶えず祈りながらみことばに従って生きることができるよう、至聖なるマリアが助けてくださいますように。それは不可能ではありません。わたしたちの人生と全世界を変えたいと願っておられる神の愛を受け入れたいと望みながら、日々を生きることを、それは意味しているからです。

PAGE TOP