教皇フランシスコ、2018年2月25日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年2月25日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 四旬節第二主日である今日の福音は、イエスの変容(マルコ9・2-10参照)について考えるようわたしたちを招いています。この箇所は、その6日前に起きた出来事とつながっています。それは、エルサレムでイエスが弟子たちに、自分は「多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちから排斥されて殺され、三日の後に復活することになっている」(マルコ8・31)と告げた出来事です。この知らせを聞いてペトロとすべての弟子たちは危機感を覚えました。弟子たちには、イエスが人々の指導者から排斥され、殺されるということが受け入れられませんでした。彼らは実は、強くて支配力のある救い主を待ち望んでいましたが、イエスはご自分のことを、神の謙虚で柔和なしもべ、人間のしもべ、自らのいのちをいけにえとしてささげ、迫害を受け、苦しんで死ぬ人として示しました。地上での生涯がそのような形で終わることになっている主人、救い主に、どうしたら従うことができるでしょう。彼らはそのことについて考えていました。そしてその答えは、まさにこのイエスの変容によってもたらされました。イエスの変容とは何でしょうか。それは、過越の神秘の前表です。

 イエスはペトロ、ヤコブ、ヨハネという三人の弟子たちを連れて、「高い山に登られました」(マルコ9・2)。そしてそこで、神の子としてのご自分の栄光をほんの少しの間、彼らに示しました。この主の変容という出来事により、弟子たちは打ちのめされずに、前向きにイエスの受難に向き合うことができました。受難後のイエスの栄光にあふれる姿を、彼らは目にしたのです。イエスはこのように、試練に向けて弟子たちを備えさせました。キリストの受難は、苦しみの神秘ですが、愛のたまもの、イエスの無限の愛のたまものでもあります。主の変容はこのことを理解できるよう、弟子たち、そしてわたしたちをも助けています。山上で起きたイエスの変容は、イエスの復活を理解するのに役立ちます。十字架の神秘を理解するためには、苦しんで栄光にあげられるかたは、人間であるだけでなく、神の子でもあることを事前に知る必要があります。神の子は、死に至るまで忠実な愛をもって、わたしたちを救ってくださいました。そして御父は御子が洗礼を受けた直後にヨルダン川の岸辺で宣言されたように、御子が救い主であることを改めて宣言し、「これに聞け」(7節)と勧めておられます。弟子たちは、イエスの死に直面しても、信頼と希望をもって師なるイエスに従うよう招かれます。イエスの神性は十字架上で、まさに「そのように」死ぬことによって示されなければなりません。だからこそ福音記者マルコは、「本当に、この人は神の子だった」(15・39)という信仰告白を百人隊長に言わせているのです。

 キリストの恵みによって内面から変えられたかた、おとめマリアに祈りのうちに向き合いましょう。そして、四旬節の旅を信仰と寛大さをもって続けるために、マリアの母なる助けに信頼しつつ、自らをゆだねましょう。

PAGE TOP