教皇フランシスコ、2018年復活祭メッセージ(ローマと全世界へ)(2018.4.1)

教皇フランシスコ、2018年復活祭メッセージ(ローマと全世界へ) 2018年4月1日 親愛なる兄弟姉妹の皆さん、ご復活おめでとうございます。  イエスは死者のうちから復活しました。  この知らせはアレルヤの歌声とともに、 […]

教皇フランシスコ、2018年復活祭メッセージ(ローマと全世界へ)
2018年4月1日

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、ご復活おめでとうございます。

 イエスは死者のうちから復活しました。

 この知らせはアレルヤの歌声とともに、全世界の教会に響き渡ります。イエスこそが主です。御父はイエスを復活させてくださいました。イエスはわたしたちの中に永遠に生きています。

 イエスは一粒の麦のたとえを用いて、ご自分の死と復活を予告します。「一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ」(ヨハネ12・24)。まさにその通りのことが起こりました。御父によって地のうねに蒔かれた一粒の麦であるイエスは、世の罪のために殺されて死に、墓の中に二日間留まりました。しかし、その死には、神の愛のすべての力が込められていました。そして三日目にその力は解き放たれ、示されました。今日、わたしたちはその日を復活祭として祝います。

 わたしたちキリスト者は、キリストの復活は世界にとって真の希望であり、決して裏切らないことを知っていますし、そう信じています。それは一粒の麦の力であり、へりくだって自らを与えつくすことによって世界を真に新たにする愛の力です。その力は不正義や暴力が何度も繰り返されている歴史のうねの中で、今日も実を結び続けています。それは、はく奪、排除、飢餓、失業のあるところで、また移住者や難民――彼らは現代の使い捨て文化のために何度も拒絶されています――、薬物売買や人身取引、現代の奴隷制の犠牲者のいるところで、希望と尊厳という実りを結びます。

 今日、わたしたちは全世界に平和の実りがもたらされるよう願い求めます。苦境にある愛すべき国シリアの人々は、いつまでも続く戦争のために疲弊しきっています。復活したイエスの光が、すべての政治指導者と軍事指導者の良心をこの復活祭に照らしますように。それにより、現在行われている虐殺が直ちに中止され、人道法が尊重され、兄弟姉妹が緊急に必要としている支援がより円滑に提供されるようになり、避難民が帰国するのに適した条件が確保されますように。

 聖地のために和解の実りを祈り求めましょう。現在、聖地でも、無防備な人にも容赦のない紛争が続いています。イエメンと中東全体において、対話と相互尊重が分裂と暴力に打ち勝ちますように。虐待や迫害を幾度も受けているキリスト者の兄弟姉妹が、復活した主をあかしし、善が悪に打ち勝つことをあかしする、輝かしいあかし人となりますように。

 今日わたしたちは、より尊厳ある生活を切望している人々、とりわけ飢餓と地域紛争とテロにより苦しんでいるアフリカ大陸諸国の人々に、希望の実りがもたらされるよう祈り求めます。復活した主の平和が、南スーダンの人々の傷をいやし、その人々の心を対話と相互理解に向けて開きますように。紛争の犠牲者、とくに子どもたちのことを忘れないようにしましょう。祖国を去らざるをえず、生きるために最低限必要なものもない大勢の人々への連帯が失われることがありませんように。

 朝鮮半島に対話の実りがもたらされ、現在進行している交渉により、域内の調和と平和が促されるよう願い求めましょう。責任を直接担う人々が、朝鮮半島の人々の幸福を促し、国際社会における信頼関係を築くために、知恵と識別をもって行動しますように。

 ウクライナに平和の実りが与えられ、和解を促す歩みが強められ、人々が必要としている人道支援活動がより円滑に行われるよう願い求めましょう。

 ベネズエラの人々にいやしの実りが与えられるよう祈りましょう。ベネズエラの人々は、自国にいても、いわば「よその国」に住んでいるようだと、現地の司祭は記しています。主イエスの復活の力によってベネズエラが、正当で平和的、人道的な方法を見いだし、自国をさいなむ政治的、人道的危機を一刻も早く克服できますように。また、祖国を去らざるをえない人々が、つねに受け入れられ、支援を受けられますように。

 戦争と飢餓のために希望をもてず、教育も医療も受けられずに育った子どもたち、さらには、「役にたたない」人は切り捨てるという利己的な文化によって見捨てられた高齢者たちに、復活したキリストが新しいいのちの実りを与えてくださいますように。

 また、この世界で政治的な責任を担う人々に知恵の実りが与えられ、彼らがつねに人間の尊厳を尊重し、共通善の追求と、自国の人々の発展と安全の確保のためにすすんで自らをささげられるよう願い求めましょう。

 親愛なる兄弟姉妹の皆さん

 墓の中で女性たちが聞いたことばは、わたしたちにも向けられています。「なぜ、生きておられるかたを死者の中に捜すのか。あのかたは、ここにはおられない。復活なさったのだ」(ルカ24・5-6)。死、孤独、恐れは決定的なことばではありません。それらを超越することばが存在します。それは神だけが話されることば、つまり復活ということばです(ヨハネ・パウロ二世、十字架の道行の最後で述べたことば、2003年4月18日)。神の愛の力によって、「悪は打ちはらわれ、罪は清められ、過ちはゆるされ、悲しむ人に喜びが満ちあふれる。この夜、憎しみは消え去り、平和が生まれ、世の権力が退けられる」(復活賛歌)。

 ご復活おめでとうございます。

PAGE TOP