教皇フランシスコ、2018年4月22日「アレルヤの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年4月22日「アレルヤの祈り」でのことば

兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 復活節第四主日の今日の典礼は、復活した主の弟子としてのアイデンティティーを再発見するために役立つものです。使徒言行録の中でペトロは足の不自由な人をいやし、エルサレム中でそのことが話題になりますが、それはイエスの名のもとに行われたものであると、ペトロは公言します。「ほかのだれによっても、救いは得られません」(4・12)。このいやされた人の中にわたしたち一人ひとりもいます。この人にはわたしたちの姿が表れています。わたしたちも、わたしたちの共同体もそこにいます。もし、復活した主の手に自らをゆだねることを心から受け入れるなら、わたしたちは野望、怠惰さ、思い上がりといったさまざまな精神的な弱さからいやされます。「この人が良くなって、皆さんの前に立っているのは……ナザレの人、イエス・キリストの名によるものです」(10節)。それでは、いやしてくださるキリストとはどんなかたでしょう。イエスによっていやされるとは、どんなことでしょう。何をいやしていただくのでしょう。どんな方法が用いられるのでしょう。

 これらの問いに対する答えは、今日の福音の中に見つけることができます。イエスは「わたしはよい羊飼いである。よい羊飼いは羊のためにいのちを捨てる」(ヨハネ10・11)と言います。イエスのこの自己紹介は、具体的な効果を伴わない感情的な提案ではありません。イエスはいのちを投げ出す羊飼いとなることにより、いやしを与えてくださいます。イエスはご自分のいのちをわたしたちのために差し出し、一人ひとりにこう告げています。「あなたのいのちはわたしにとってあまりにも大切なので、わたしのすべてをかけてあなたを救うのです」。ご自分のいのちを差し出すからこそ、イエスは至高のよい羊飼い、いやし手、さらには実り豊かな素晴らしい人生を送らせてくださるかたなのです。

 この福音箇所の後半には、イエスがどのようにわたしたちをいやし、わたしたちの生活を喜びと実りに満ちたものにするかが記されています。イエスは言います。「わたしはよい羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている。それは、父がわたしを知っておられ、わたしが父を知っているのと同じである」(14-15節)。イエスが伝えているのは高度な知識ではなく、互いにかかわること、大切にすること、優しくし合うことです。それらは、イエスと御父の間の強い愛のきずなの写しです。イエスとの生き生きとした結びつきは、主に知られるがままにまかせるという姿勢がなければ実現しません。自分自身の中に閉じこもるのではなく、主に知られるように、主に向けて自らを開け放つのです。主はわたしたち一人ひとりを注意深く見守り、わたしたちの心の奥底も、わたしたちの長所も短所も、今取り組んでいることも、まだかなえられない希望もご存じです。そしてわたしたちを、たとえ罪を犯していても、あるがままの姿で受け入れ、ゆるし、分かりづらい道も迷わずに進めるように、愛をもって導いてくださいます。主はわたしたちに寄り添っておられます。

 わたしたちの方も、イエスを知るよう招かれています。それは主との出会いを求めること、すなわち主に従い、自己中心的な考え方を捨て、キリストご自身によって示された広い地平へと続く新たな道に踏み出したいという願いを呼び覚ますことです。もし、イエスと結びつきながら生き、イエスの声を聞き、イエスに忠実に従いたいという思いが冷めてしまったら、福音に基づかない別の考え方や生き方が優勢になるにちがいありません。わたしたちがイエスとさらに強く結ばれるよう、母なるマリアが助けてくださいますように。イエスがわたしたちの中に入れるように、イエスに向けて自分自身を開け放ちましょう。そうすればイエスとのきずなが強まります。イエスは復活されました。だからこそ、わたしたちは生涯をかけて主に従うことができるのです。み国のためにすべてを捨てるよう呼びかけておられる主に、少しでも多くの人が惜しげなく徹底して応えることができるよう、わたしは「世界召命祈願の日」にあたり、マリアの執り成しを願い求めます。

PAGE TOP