教皇フランシスコ、2018年4月29日「アレルヤの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年4月29日「アレルヤの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 復活節第五主日の今日のみことばは、復活した主の共同体となるすべと条件を引き続き教えています。先週の主日には、よい羊飼いであるイエスと信者との関係に焦点が当てられました。今日の福音は、イエスがご自分を真のぶどうの木として示し、実を豊かに結ぶためにご自分とつながっているよう求めていること(ヨハネ15・1-8参照)について考える機会を与えています。ぶどうの木は枝が全体に生い茂る植物ですが、その枝はぶどうの木とつながっていなければ実を結べません。このつながりこそ、キリスト者の生活の秘訣です。福音記者ヨハネはそのことを、「つながる」という動詞を7回繰り返し用いて表現しています。「わたしにつながりなさい」と主は言います。主とつながるのです。

 それは自分の世界から、居心地のよいところから、自分の領域内の守られた場から出る勇気をもつために、さらには他者の窮状という大海原に自らを投じ、キリスト者としてのあかしをこの世で広く行うために、主につながることを意味します。自分自身の外に出て、他者の窮状に飛び込む勇気は、復活した主への信仰と、神の霊が自分たちの歴史に寄り添っておられるという確信から生まれます。キリストとの交わりから生まれるもっとも熟した果実は、隣人に愛のわざを行うことです。イエスがわたしたちを愛してくださるように、自らをささげて兄弟姉妹を愛し尽くすのです。信者の愛の力は、かけひきの結果として生じるのでも、外的な圧力や社会的、観念的な要望により生じるのでもなく、イエスとの出会い、イエスとのつながりから生まれます。わたしたちにとって、イエスはぶどうの木であり、わたしたちはその木から「いのち」という樹液を吸収しています。それは何よりもまず恵まれない人々のことを考え、自らをささげて生きるというもう一つの生き方を、社会に伝えるためなのです。

 ぶどうの木と枝が深く結びついているように、主と強く結ばれていれば、わたしたちも主の復活からもたらされる新しいいのち、いつくしみ、正義と平和をあかしすることができます。聖人たちは主のぶどうの木の真の枝であったために、十分にキリスト者としてのいのちを生き、愛をあかしすることができました。しかし聖人になるために、「司教や司祭や修道者になる必要はありません。……わたしたちは皆、自分がいる場所で日々の務めを果たしながら、愛をもって生き、独自のあかしをすることを通して聖人になるよう招かれています」(使徒的勧告「ガウデーテ・エト・エクスルターテ」14)。わたしたちは聖人になるよう呼びかけられています。復活した主から受けた宝によって聖人にならなければなりません。もし、あらゆる行い――仕事、休養、家庭、社会生活、政治的、文化的、経済的な責務――がイエスとのつながりと、愛し奉仕する姿勢のもとに行われるならば、それらは規模の大小にかかわらず、洗礼と福音の聖性を完全に生きる機会となるでしょう。

 諸聖人の元后であり、御子との完全な交わりの模範であるマリアがわたしたちを助けてくださいますように。ぶどうの木の枝としてイエスにつながり、イエスの愛から決して離れないよう、マリアが教え導いてくださいますように。イエスがいなければ、わたしたちは何も成し遂げられません。わたしたちのいのちは、教会と世界に今も生きておられるキリストだからです。

PAGE TOP