教皇フランシスコ、2018年5月13日「アレルヤの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年5月13日「アレルヤの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 イタリアと世界の多くの国々では今日、「主の昇天」が祝われます。この日には二つの要素があります。第一に、栄光に上げられたイエスが神の右の座におられる天の国(マルコ16・19参照)に、わたしたちの目を向かわせます。第二に、教会の使命をわたしたちに思い起こさせます。なぜでしょうか。イエスは復活し、天に昇られ、世界中に福音を伝えるために弟子たちを遣わすからです。したがって、主の昇天がわたしたちの目を天に向けるよう励ますのは、地上にすぐに視線を落とし、復活した主から託された使命を果たすよう促すためなのです。

 このことはまさに、今日の福音の中で呼びかけられていることです。主の昇天の出来事は、イエスが弟子たちに宣教という使命を託したすぐあとに起きます。それは、無限に広がる――つまり境界線のない――使命であり、人間の力を超えています。イエスは実際、「全世界に行って、すべての造られたものに福音をのべ伝えなさい」(マルコ16・15)と言います。知識がそれほど豊富ではない一般の人々の小さな集まりにイエスがこの使命を託したことは、あまりにも無謀に思えます。しかしこの世界の権力者に比べれば取るに足らないように思えるこの小さな集まりこそ、イエスの愛といつくしみのメッセージを世界の隅々にまで伝えるために遣わされた人々なのです。

 しかし神のこのご計画は、神ご自身が使徒たちにお与えになる力を伴ってはじめて可能になります。だからこそ、イエスは彼らの宣教が聖霊によって力づけられると約束し、次のように語っているのです。「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」(使徒言行録1・8)。こうして宣教が始まり、使徒たちはそのために働き続け、後継者にそれを引き継いでいきました。イエスから使徒たちに託された宣教は幾世紀も続き、今も行われています。洗礼の力を受けた一人ひとりの信者には、福音を告げ知らせる資格があります。わたしたちにその資格を与え、福音を伝える宣教者となるよう促すのは、洗礼にほかなりません。

 主の昇天により、主は新しいかたちでわたしたちの間におられるようになりますが、わたしたちは主との出会いに向けて自分の目と心を開き、主に仕え、他の人々に主をあかしするよう求められています。それは主の昇天の人、つまり現代の道でもキリストを探し求め、地の果てまで主の救いのことばを伝える人となるかどうかという問題です。その旅路では、兄弟姉妹のうちに、とりわけもっとも貧しい人々のうちに、わたしたちはキリストご自身と出会います。それらの貧しい人々は、新旧さまざまな形の貧困という厳しく屈辱的な体験をその身に受けているのです。復活した主は、最初に使徒たちを聖霊の力をもって遣わしたのと同じように、現代に生きるわたしたち全員も同じ力をもって遣わし、希望の具体的で目に見えるしるしを示そうとしておられます。希望は、イエスからわたしたちに与えられるからです。イエスは天に昇り、天の国の門を開き、わたしたちもそこに行くことができるという希望の扉を開いてくださいました。

 初期キリスト教共同体の信仰を励ましたおとめマリア、死んで復活した主の母であるマリアが、典礼に示されているように、わたしたちの「心も高く昇れるよう」助けてくださいますように。また、わたしたちが「地に足を下ろし」、人生と歴史という現実の中で勇気をもって福音の種をまけるよう支えてくださいますように。

 

PAGE TOP