教皇フランシスコ、2018年5月27日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年5月27日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 「聖霊降臨の主日」直後の主日である今日、わたしたちは「三位一体の主日」を祝います。この日は父と子と聖霊の三位一体の神であるイエス・キリストの神秘について考え、その神秘をたたえる祭日であると同時に、ご自分のいのちを無償で与え、そのいのちを世界中に広めるよう求めておられる「愛なる神」を、つねに新たな驚きをもって記念すべき日です。

 今日の聖書朗読に示されているように、神はご自分が存在しているということよりも、むしろ「わたしたちとともにおられる神」であることを示そうとしておられます。神はわたしたちに寄り添い、わたしたちを愛し、わたしたちとともに歩み、もっとも弱く困窮している人をはじめとするそれぞれの人の個人生活に関心をもち、一人ひとりを気遣ってくださいます。神は「上の天においても下の地においても」神です(申命記4・39参照)。したがって、わたしたちは自分からかけ離れたかたを信じているのではありません。決してそうではありません。宇宙を造り、民を生み出してくださる「愛なる神」は、わたしたちのために人となられ、死んで、復活し、聖霊となってすべてを変え、完成へと導いておられます。

 愛なる神により変えられることを自ら体験した聖パウロが伝えているように、神は、わたしたちが生みの親の腕に身をゆだねる子どものような完全な信頼感をもって、「アッバ、父よ」とご自分を呼ぶことを望んでおられます(ローマ8・14-17参照)。また、わたしたちの中で働いている聖霊は、イエス・キリストが単なる過去の人物ではなく、今もわたしたちの近くにおられることを伝えるとともに、神に愛された子どもとなる喜びも感じさせてくれます。今日の福音朗読の最後で、復活した主は、いつまでもともにいると約束してくださいます。主がおられるからこそ、そして聖霊の力があるからこそ、わたしたちは自分たちに託された使命を安心して果たすことができます。使命とは何でしょうか。それは、すべての人に福音を告げ知らせ、あかしすることにより、主との交わりと、それによる喜びを広めることです。わたしたちとともに歩んでおられる神は、わたしたちを喜びで満たしてくださいます。喜びはいわば、キリスト者の第一言語なのです。

 このように、三位一体の主日は、神の神秘について考えるようわたしたちを促します。神は、つねに愛をもって、愛を通して、絶えず造り、あがない、聖化してくださいます。そして、ご自分を受け入れるすべての被造物が、ご自身の美と善、真理の光を反映できるようにしておられます。神は初めから人間とともに歩み、すべての国と一人残らずすべての人にとっての恵みとなる民を造っておられます。キリスト者は独りぼっちではありません。キリスト者は一つの民に属しています。それは神が造られる民です。この帰属感と交わりがなければ、キリスト者にはなれません。わたしたちは神の民という一つの民です。わたしたちが喜びをもって使命を果たせるよう、おとめマリアが助けてくださいますように。その使命とは、父と子と聖霊の三位一体の神の無限で具体的な愛こそが人生に意味を与えてくれることを、愛に飢えている世界にあかしすることなのです。

PAGE TOP