教皇フランシスコ、2018年6月10日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年6月10日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(マルコ3・20-35参照)には、イエスが向き合わなければならなかった二つの誤解が記されています。一つは律法学者の誤解で、もう一方はイエスの家族の誤解です。

 最初の誤解について考えましょう。律法学者とは、聖書について教育を受け、その知識を人々に説明する務めを担う人です。その内の何人かが、大衆の目前でイエスの信用を傷つけるために、エルサレムからガリラヤに派遣されました。ガリラヤでは、イエスのうわさが広まり始めていたのです。彼らは陰口を言ったり、人の信用を傷つけたり、権威を奪ったりといったひどいことを行うために派遣されました。律法学者たちは到着するなり、単刀直入に重大な告発をします。「『あの男はベルゼブルに取りつかれている』と言い、また、『悪霊の頭の力で悪霊を追い出している』」(22節)と述べたのです。悪霊の頭がイエスを動かしているということは、「イエスは悪霊にとらわれている」というのに匹敵するほど悪いことです。イエスは現実に多くの病者をいやしましたが、律法学者たちは、それが神の霊によって――それが事実ですが――ではなく、悪霊によって、悪魔の力によって行われたと、人々に信じ込ませようとします。

 イエスは力強いことばではっきりと答え、このことを決して許しません。律法学者たちは、おそらく無意識に、重大な罪を犯していたからです。それは、イエスのうちに示され、働いている神の愛を否定し、冒涜するという罪です。その行為は、聖霊に対する罪であり、――イエスが言われたように――永遠にゆるされない罪です。それはイエスのうちに働いておられる神のいつくしみに心を閉ざすことから生じる罪だからです。

 この箇所には、わたしたち全員に当てはまる警告も含まれています。人の幸せや功績に対する深いねたみは、相手に偽りの非難を浴びせる引き金になります。ここには、人が悪意をもって故意に相手の名声を汚そうとするという、死をもたらす真の毒が示されています。そのような悪しき誘惑から、神がわたしたちを解放してくださいますように。もし良心の糾明により、自分の心にこの毒草が生えていることに気づいたら、それが成長して取り返しのつかない悪事を働く前に、ゆるしの秘跡をすぐに受けて、そのことを告白してください。それは家庭、友情、共同体、そして社会すらも破壊する行為です。どうか気をつけてください。

 今日の福音朗読には、イエスに対するもう一つのまったく異なる誤解も示されています。それはイエスの家族の誤解です。家族は、旅に明け暮れるイエスの新しい生活が、気が変になっているためかと思い(21節参照)、心配しました。実際、イエスは人々、とりわけ病者と罪人のために時間を割いていたために、食べる暇もないほどでした。イエスは人々のために生きました。食べる時間もありませんでした。それで家族は、イエスをナザレの家に連れ戻そうとしました。そして、イエスが説教をしていた場所に来て、人をやってイエスを呼ばせました。イエスは「『ご覧なさい。母上と兄弟姉妹がたが外であなたを捜しておられます』と知らされると、『わたしの母、わたしの兄弟とはだれか』と答え、周りに座っている人々を見回して言われた。『見なさい。ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。神の御心を行う人こそ、わたしの兄弟、姉妹、また母なのだ』」(32-35節)。

 イエスは血のつながりではなく、ご自分への信仰と、わたしたちを受け入れ、聖霊のうちに互いを結びつけるご自身の愛のもとに、新しい家族を築きました。イエスのことばを受け入れるすべての人は神の子どもであり、互いに兄弟姉妹です。イエスのことばを受け入れることにより、わたしたちは兄弟姉妹となり、イエスの家族となります。人の悪口を言ったり、信用を傷つけたりすると悪魔の家族になってしまいます。

 イエスの答えは、自らの母や兄弟への敬意を欠いたものではありません。むしろマリアにとってそれは最大級の評価です。マリアこそ、全身全霊でみ旨に従う完全な弟子だからです。イエスと教会のうちに働いておられる聖霊のわざを認め、この世界で新しいいのちをはぐくみながら、つねにイエスとの交わりのうちに生きることができるよう、おとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP