教皇フランシスコ、2018年6月17日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年6月17日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(マルコ4・26-34参照)の中で、イエスは二つの短いたとえ話を用いて、神の国とその成長の力強さについて述べています。最初のたとえ話(26-29節)では、神の国は、種の神秘的な成長にたとえられています。種は地にまかれ、芽を出し、ひとりでに実を結びます。実が熟すると、農民は収穫します。このたとえ話が伝えているように、神の国はイエスの教えとわざを通して告げられ、種のようにこの世の畑にまかれ、人には理解できない基準に従って、自力で成長し、発展していきます。歴史を通して成長し、発展する中で、人間の行いに左右されることはありません。それはまさに神の力と善の表われであり、神の民にキリスト者の生活を与えてくださる聖霊の力の表われです。

 ご自分のすべての子どもたちに、正義と兄弟愛と平和が実現するよう望んでおられる天の御父の計画に逆らっているかのような出来事や指導者が、歴史の中にたびたび登場しています。それでもわたしたちは、試練のとき、希望のとき、そして収穫を注意深く見守るときとして、そうした時代を生き抜くよう求められています。実際、神の国は、小さな種に隠された力、勝利をもたらす生命力を明らかにしながら、昨日も今日も神秘と驚きのうちにこの世界で成長し続けています。たとえ絶望をもたらすような個人的、社会的な出来事に遭遇しても、大切なことは、静かでも力強い神の働きを信頼し続けることです。したがって、暗く困難なときにも気を落とさずに、つねに救ってくださる神を信じ続けてください。どうか忘れないでください。神はどんなときにも救ってくださる救い主です。

 第二のたとえ話(30-32節)の中でイエスは、神の国をからし種にたとえます。からし種は土にまくときには非常に小さいのですが、庭のどの植物よりも大きく育ちます。それは予測もできない驚くべき成長です。神は予想もできないかたであるというこの考え方を理解し、人生に受け入れるのは容易なことではありません。しかし今日、主はわたしたちのあらゆる計画、計算、予想を超え、信仰のわざを行うようわたしたちに促しています。神はつねに驚きをもたらすかたです。主はつねにわたしたちを驚かせてくださいます。それは神の計画に向けて、個人としても共同体としても、さらに広く自らを開くようにとの招きです。主の愛の力、あらゆる人を受け入れ、いつくしんでくださる神の力に包まれながら、主が与えてくださる大小さまざまなよい機会に注意を向けることは、共同体にとって重要なことです。

 教会の真の宣教は、成功やその結果がもたらす喜びによってではなく、信頼する勇気と、神に自らを差し出す謙虚さをもって出向くことによってもたらされます。イエスを告げ知らせながら、聖霊の力をもって出向いてください。たとえ、小さく弱い道具であっても、わたしたちは神の手と恵みの中で、「聖霊によって与えられる義と平和と喜び」(ローマ14・17)であるみ国を発展させる偉大な行いをやり遂げることができます。信仰を守り、人々の心と歴史の中でみ国のために働きながら、純粋で注意深い心をもって他者と協力できるよう、おとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP