教皇フランシスコ、2018年7月1日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年7月1日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(マルコ5・21-43)には、イエスによって行われた二つの奇跡が、まるでいのちに向かう凱旋行列のように記されています。最初に、会堂長の一人であるヤイロという人がイエスに近づき、12歳になる娘が死にそうなので自宅に来てくださいと懇願したことが語られます。イエスは同意して、彼と一緒に出かけますが、その道中で、娘が死んでしまったことが告げられます。父親がどのように反応したかは、容易に想像できます。しかしイエスは彼に「恐れることはない。ただ信じなさい」(36節)と言います。ヤイロの家に着くと、イエスは泣いている人々――悲しみのあまり泣きわめいている女性たちもいました――を外に出し、両親と三人の弟子だけを連れて部屋に入ります。そして死んだ少女に「少女よ、わたしはあなたに言う。起きなさい」(41節)と語りかけます。すると少女は深い眠りから覚めたように、すぐに起き上がります(42節参照)。

 福音記者マルコは、この奇跡に関する記述の間に、出血が止まらずに苦しんでいた女性が、イエスの服に触れるとすぐにいやされたという話(27節参照)を加えています。ここで心を打たれることは、この女性の信仰が、キリストの中にある救いをもたらす神の力を引き寄せた――「奪う」ということばが心をよぎります――ことです。キリストは「ご自分の内から力が出て行ったことに気づき」、だれが触れたのか知ろうとします。この女性は自らを深く恥じながら前に進み出て、すべてを告白します。そしてキリストは「娘よ、あなたの信仰があなたを救った」(34節)と言います。

 信仰という一つの中核をめぐって二つの話が互いに重なり合いながら展開しています。その中でイエスは、いのちの源として、また完全にご自分を信頼する人々にいのちを取り戻してくださるかたとして描かれています。幼い娘の父親と病気を患う女性という二人の主人公は、イエスの弟子ではありませんが、自らの信仰によって満たされます。その人たちはイエスを信じたのです。この箇所を読むと、主の道はすべての人に開かれており、だれも自分がじゃま者や侵入者、権利のない者だと感じるべきではないことが分かります。イエスの心に触れるには、たった一つの必要条件しかありません。それはいやされる必要があると感じることと、イエスに自らをゆだねることです。皆さんにお尋ねします。皆さんは、自分があることから、ある罪や問題から、いやされる必要があると感じていますか。もしそうなら、イエスを信じていますか。いやされるためには二つのことが必要です。イエスの心に触れるためには、いやされる必要があると感じ、自らをイエスにゆだねなければなりません。イエスはその人々を群衆の中で見つけだし、名も知れない人々の集まりから引き離し、生きて挑戦することに対する恐れから解放してくださいます。イエスは、まなざしとことばによって、苦しみと辱めを受けた人を立ち直らせてくださいます。わたしたちも、解放をもたらすこれらのことばと、生きる望みを無くした人に活力を取り戻させるまなざしに倣い、それらを身につけるよう求められています。

 この福音箇所の中では、信仰と新たないのちというテーマが重なり合っています。イエスはそれらを皆に与えるために来られたのです。死んだ少女が横たわっている家に入ったとき、イエスは泣きわめいて騒いでいた人々(40節参照)を外に出して言います。「子どもは死んだのではない。眠っているのだ」(39節)。イエスは主であり、からだの死は、主の前では夢のようなもので、絶望すべきものではありません。もう一つの死こそ、恐るべきものです。それは悪によってかたくなにされた心です。そうです。わたしたちはその死こそ、恐れるべきです。自分がかたくなな心、ミイラのようにひからびた心になったと感じたら、そのことを恐れるべきです。それは心の死です。しかし罪も、ミイラのような心も、イエスと一緒にいれば、とどめのことばにはなりません。イエスが御父の無限の慈しみをわたしたちに与えてくださるからです。たとえ、どん底に陥っても、「わたしはあなたに言う。起きなさい」というイエスの優しく力強い声がわたしたちに届きます。「わたしはあなたに言う。起きなさい」というイエスのことばが、わたしたち一人ひとりに向けられているということは本当に素晴らしいことです。勇気をだして、起きてください。イエスは少女を生き返らせ、いやされた女性に人生を取り戻してくださいます。両者にいのちと信仰を与えてくださったのです。

 わたしたちの信仰と愛の実践の旅、とりわけ困窮した人々に向けた旅に寄り添ってくださるよう、おとめマリアに願いましょう。心身ともに苦しんでいる兄弟姉妹のために、マリアの母なる取り次ぎを願い求めましょう。

PAGE TOP