教皇フランシスコ、2018年7月8日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年7月8日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(マルコ6・1-6参照)では、イエスがナザレに戻り、土曜日に会堂で教え始めたことが語られます。イエスは故郷を出て、付近の集落や村で教えましたが、故郷には戻ってきませんでした。しかし、イエスは故郷に帰ってきました。ですから村中の人が地元出身のこの若者の話を聞きにきたにちがいありません。賢い先生、力あるいやし人としてのイエスの名声は、ガリラヤ全土を超えて広まっていたのです。しかし、それを成功としてとらえる考えは、激しい反感に変わってしまったために、イエスはわずかな人をいやしただけで、そのほかは何もしませんでした(5節参照)。その日の様子は福音記者マルコによって詳細に伝えられています。ナザレの人々はまず聞いて、驚き、当惑します。「この人は、このようなことを、この知恵をどこから得たのだろう」と自問します。そしてついには、イエスは大工であり、自分たちの目前で成長してきたマリアの息子だと言って騒ぎはじめます(2-3節)。イエスはこの出来事を、ことわざにもなったことばでまとめています。「預言者が敬われないのは、自分の故郷、親戚や家族の間だけである」(4節)。

 なぜイエスの故郷の人々は、驚きから不信仰に至ってしまったのでしょうか。彼らはイエスの慎ましい素性と現在の能力を比べています。イエスは大工であり、勉強もしなかったにもかかわらず、律法学者よりも上手に説教をし、奇跡を行います。彼らはその現実を受け入れられず、むしろ反感を抱きます。神はあまりにも偉大なので、このようなごく普通の人を通して語られるほど身を低くすることはないと、ナザレの人々は考えているのです。これこそが受肉の意外性です。それは、神が人となられ、人間の心で考え、人間の手で行い、人間の心で愛するという思いもよらない出来事です。神がわたしたち一人ひとりのように苦悩し、食べ、そして眠るのです。神の子は人間のあらゆる規範をくつがえします。弟子たちが主人の足を洗うのではなく、主人が弟子たちの足を洗います(ヨハネ13・1-20参照)。したがって混乱と不信が生じます。それはこの時代に限ったことではなく、現代も含むすべての時代に当てはまります。

 イエスによってもたらされた大きな変化は、過去と現在の弟子たちに、個人としても共同体としても自らを省みるよう促します。実際、先入観に邪魔されて現実を見ることができないという事態は、今日でも起こりえます。しかし主は、謙虚に耳を傾け、従順に待ち望むようわたしたちに求めています。神の恵みは、しばしば思いもよらない、驚くべき方法で表れるからです。その一例として、コルコタのマザー・テレサのことを考えましょう。さして目立たない一人の小柄な修道女が、通りを歩き回り、死に瀕している人々を集め、その人々が尊厳ある死を迎えられるようにしました。この小柄な修道女は、祈りと行いを通して、驚くべきことを成し遂げました。一人の小柄な女性が、教会における愛のわざに革新をもたらしました。彼女は現代における模範です。神が人間の先入観に合わせてくださるのではありません。わたしたちは自分たちに会いに来られる神を受け入れるために、心と気持ちを広く開くよう努めなければなりません。これは信仰の問題です。不信仰は、神の恵みを受ける障害となります。洗礼を受けた人々の多くが、まるでキリストがいないかのように過ごしています。何度も信じているふりをしたり、信仰のしるしを示したりしますが、イエスご自身とも、イエスの福音とも、真に結びついていません。一人ひとりのキリスト者――わたしたち全員――は、この根本的な帰属関係を深め、つねに愛によって促されながら、その結びつきを生活の中でつねにあかしするよう努めなければなりません。

 わたしたちのかたくなで狭量な心を溶かすことにより、わたしたちの心を主の恵み、主の真理、そして一人残らずすべての人に向けられている主の善意と慈しみあふれる使命に向けて開いてくださるよう、おとめマリアの取り次ぎを通して主に願いましょう。

PAGE TOP