教皇フランシスコ、2018年7月15日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年7月15日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(マルコ6・7-13参照)では、イエスが十二使徒を宣教に遣わしたときのことが語られます。イエスは使徒たちをそれぞれの名前で呼び、「自分のそばに置」(マルコ3・14)いて、ご自身のことばを聞かせ、いやしのわざを見せました。そしてその後、彼らを「二人ずつ組にして遣わ」(マルコ6・7)しました。それは、主の復活に従い、聖霊の働きを通して行動するよう促す、いわば「研修」のようなものです。

 この福音箇所は宣教の様式について述べていますが、それは次の二点にまとめることができます。宣教には「中心」があり、「顔」があるということです。

 まず第一に、宣教する弟子たちがよりどころとする中心はイエスご自身です。この箇所には、イエスを主語とする動詞がいくつか記されています。イエスは「呼び寄せ」、「遣わすことにされ」、そして「権能を授け」、「命じ」、彼らに「言いました」(7-10節参照)。このように十二使徒の旅立ちと行いは、一つの中心から放たれているかのようです。そして、イエスの現存と行いが、宣教活動において再確認されるのです。このことは、使徒たち自身には告げる事柄も、伝える力もなく、彼らはむしろイエスのことばを伝える人、「使者」として語っていることを物語っています。

 この福音箇所はわたしたちにも、つまり司祭だけでなく、生涯のあらゆる過程でキリストの福音をあかしするよう求められている、洗礼を受けたすべての人に当てはまります。わたしたちの宣教も、イエスが絶えず中心におられるかぎり真の宣教となります。それは信者個人による取り組みでも、団体や大規模な集いによる取り組みでもなく、主と固く結ばれた教会による宣教です。キリスト者は、「自分だけで」福音を告げ知らせるのではなく、イエスご自身から使命を受けた教会によって派遣されるのです。洗礼こそが、わたしたちを宣教者にします。たとえ洗礼を受けても、福音を告げ、イエスを告げ知らせる必要性を感じない人は、よいキリスト者ではありません。

 宣教の様式の二番目の特徴は、「道具をほとんどもたない」ことを表す、「顔」ともいえるものです。イエスの身支度は、簡素さの基準に即しています。実際、十二人は「旅には杖一本のほか何も持たず、パンも、袋も、また帯の中に金も持たず」(マルコ6・8)に行くように命じられます。師なるイエスは、彼らが自由で身軽になること、援助も特別扱いも受けず、ただひたすら自分たちを派遣したかたの愛を確信し、そのかたのことばによって励まされるよう望んでおられます。杖と履物は巡礼者に必要な道具です。神の国を告げる使者は、何でもできる支配人でも、有能な役人でも巡業中の役者でもなく、巡礼者です。わたしが司教として管轄している教区の模範について考えましょう。ローマ教区出身の聖フィリポ・ネリ、聖ベネディクト・ジョセフ・ラブレ、聖アレッシオ、福者ルドヴィカ・アルべルトーニ、聖フランチェスカ・ロマーナ、聖ガスパレ・デル・ブファロなどの多くの聖人のことを考えましょう。彼らは役人でも経営者でもなく、神の国の慎ましい働き手でした。それが、彼らの顔でした。知らせが受け取られる様子も、この「顔」の中に含まれます。迎え入れられず、耳を傾けられないことも(11節参照)あります。これも貧しさであり、失敗という体験です。拒絶され、十字架にかけられたイエスの体験は、イエスの使者の運命を先取りしています。死んで復活したイエスと結ばれているからこそ、わたしたちは福音を告げ知らせる勇気を得ることができるのです。

 たとえ拒否され、誤解され、試練に遭っても、わたしたちが謙虚で輝かしい喜びをもって、福音の知らせを世界に伝えることができるよう、最初の弟子であり、みことばの宣教者であるおとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP