教皇フランシスコ、2018年7月22日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年7月22日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(マルコ6・30-34参照)は、使徒たちが最初の宣教を終えて、イエスのもとに戻り、「自分たちが行ったことや教えたことを残らず」(30節)報告したことを伝えています。その宣教体験は、波乱万丈で困難なものであったに違いありません。彼らは休む必要がありました。イエスはそのことがよく分かっていたので、彼らを休ませようとして言いました。「さあ、あなたがただけで人里離れた所へ行って、しばらく休むがよい」(31節)。しかし、このときのイエスの配慮は実を結びませんでした。イエスが弟子たちを連れて舟で行きそうな人里離れた場所を、群衆が探り当て、そこに走って行って、彼らより先にそこに着いていたからです。

 今日でも同じことが起こりえます。ときには、緊急で思いがけないことのために、自分の計画が達成できないことがあります。たとえ計画の妨げとなっても、他の人々の要望をかなえるために変更を余儀なくされるのです。

 その場合には、イエスの行いに倣うよう、わたしたちは招かれています。「イエスは舟から上がり、大勢の群衆を見て、飼い主のいない羊のようなありさまを深くあわれみ、いろいろと教え始められた」(34節)。福音記者マルコは、この短い文の中に、とりわけ鮮明な「きらめき」を示し、神なる主のまなざしとその教えを写真のように映し出しています。この場面に登場する三つの動詞「見る」「あわれむ」「教える」について考えてみましょう。それらは牧者の動詞と呼ばれます。イエスのまなざしは中立的ではありませんし、ましてや冷淡でも、疎遠でもありません。イエスはつねに心の目で見ておられるからです。イエスの心はあまりにも優しく、いつくしみに満ちているので、人々のもっとも隠された窮状も知ることができます。また、イエスのあわれみは、単に人々の苦境に感情的な答えを表すのではありません。それよりもはるかに大きなこと、すなわち人類とその歴史に対する神の姿勢となさり方を表します。イエスは、神のご自分の民への思いやりと気づかいを表しておられるのです。

 イエスは、導きと助けを必要としている人々を見て、その心を動かされたので、いくつかの奇跡を行ったのではないかと、わたしたちは期待します。しかしイエスはそうではなく、多くのことを教え始めました。それは「みことばのパン」という、道に迷った空腹の群衆に救い主が最初に与えるパンです。わたしたちは皆、道を導き、照らしてくれる真理のことばを求めています。キリストご自身という真理がなければ、正しい方向に進んで生きることはできません。イエスとその愛から離れてしまったら、わたしたちは道を見失い、人生が失望と不満で満たされてしまいます。イエスがそばにいてくだされば、わたしたちは自信をもって前に進み、すべての試練を乗り越え、神と隣人への愛のうちに歩むことができます。イエスは他者のために自らを捧げることにより、わたしたち一人ひとりにとっての、愛と奉仕の模範となられたのです。

 わたしたちが隣人の問題や苦しみ、苦境を、分かち合いと奉仕のうちに担うことができるよう、至聖なるマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP