教皇フランシスコ、2018年7月29日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年7月29日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 この暑さの中、この広場に集まってくださり、ありがとうございます。今日の福音朗読(ヨハネ6・1-15参照)は、パンと魚を増やす話です。イエスは、群衆がティベリアス湖までご自分の後を追って来たことを知って、「この人たちに食べさせるには、どこでパンを買えばよいだろうか」(5節)と弟子のフィリポに尋ねました。実際、イエスと使徒たちは数デナリオンしか持っておらず、それでは群衆の空腹を満たすことはできませんでした。そこでももう一人の使徒、アンデレが、一人の少年をイエスのもとに連れてきました。この少年は五つのパンと二匹の魚を持っていましたが、それらをすべて差し出しました。しかしアンデレは、こんなに大勢の人がいるので、それでは足りないだろうと言います(9節)。彼は勇気ある立派な少年でした。彼も群衆を見て、それから五つのパンも見たのですが、それでも「わたしはこれを持っています。もし必要なら差し上げます」と言ったのです。この少年について考えずにはいられません。なんという勇気でしょう。このように若者には勇気があります。その勇気を発揮できるように、わたしたちは若者を支えなければなりません。一方、イエスは人々を座らせるように弟子たちに命じ、それからパンと魚を取り、御父に感謝してから、それを人々に分け与えました(11節参照)。すべての人が満腹になるまで食べることができました。皆が好きなだけ食べました。

 この福音箇所を通して典礼は、イエスを見つめるようわたしたちに促しています。「マルコによる福音書」からとられた先週の主日の福音朗読の中で、イエスは「大勢の群衆を見て、……深くあわれみ」(マルコ6・34)ました。この五つのパンをもった少年も、イエスのあわれみを感じとったからこそ、「あわれな方々、これをどうぞ」と言いました。イエスのあわれみが、自分の持っているものを差し出すよう少年を動かしたのです。今日、福音記者ヨハネは、人々が生きるために最低限必要なものに注意を傾けるイエスの姿を再び示しています。この一節は具体的な事実を描いています。群衆は空腹でしたが、イエスはその空腹を満たすように弟子たちに働きかけました。これは具体的な出来事です。イエスは食糧だけでなく、みことば、ご自分の慰め、救い、最終的にはいのちまでも群衆に与えました。しかし、人々のからだのことを考え、食糧を与えたことも事実です。イエスの弟子であるわたしたちも、このことを忘れてはなりません。人々のもっとも基本的な要望を聞き、彼らの実際の状態に寄り添ってはじめて、より崇高なものに関する話を聞いてもらえるのです。

 人類は食糧、自由、正義、平和、そして何よりも神の恵みに飢えていますが、その人類への神の愛が消えることは決してありません。イエスは今も、ご自分の現存を生き生きとした、なぐさめに満ちたものにするために、わたしたちを通して、食糧を与え続けておられます。したがってこの福音箇所は、五つのパンを持っていることに気づき、「これを差し上げます。どうかお使いください」と言った若者のように、つねに応じられるよう備え、熱心に働くようわたしたちを招いています。世界中の多くの兄弟姉妹の飢え――あらゆる形の「飢え」――の叫びに対して、無関心で冷静な傍観者でいることなどできません。永遠のいのちの糧であるキリストを告げ知らせるには、貧しい人々、弱い人々、もっとも小さくされた人々、無防備な人々と連帯するための努力を惜しんではなりません。個人としても、共同体としても、人々に寄り添い、愛のわざを行うことは、信仰の質を測る最高の試金石です。

 最後には人々は満腹になりました。イエスは、何も無駄にしないために、残ったパン屑を集めるように弟子たちに命じます。わたしは、「少しも無駄にならないように、残ったパンの屑を集めなさい」(12節)というイエスのことばを皆さんに示したいと思います。多くの人々が飢えているにもかかわらず、どれほど多くの残飯が捨てられていることでしょう。昼食や夕食で残った食べ物はどこに行くのでしょうか。残飯を家でどうしていますか。捨てていますか。それはいけません。もしいつもそうしているなら、少し忠告させてください。戦時中を生き延びた祖父母と話し、彼らが残飯をどうしていたか尋ねてください。残飯を捨ててはなりません。もう一度温めなおすか、だれか食べられる人、だれか必要としている人にあげてください。決して残飯を捨てないでください。これは一つのアドバイスです。残飯を家でどうしているかという問題は、良心の糾明でもあるのです。

 憎しみや武器、戦争ではなく、発展と食糧、連帯のための計画が世界中に行き渡るよう、おとめマリアに祈り求めましょう。

PAGE TOP