教皇、『カテキズム』中の死刑に関する項目改訂を承認

バチカン公式サイトの8月2日の発表によりますと、教皇フランシスコは、『カトリック教会のカテキズム』中の、死刑に関する2267項の変更を承認しました。改訂された同項は、「国家が科す刑罰の意義に関して、新たな理解が現れてきて […]

バチカン公式サイトの8月2日の発表によりますと、教皇フランシスコは、『カトリック教会のカテキズム』中の、死刑に関する2267項の変更を承認しました。改訂された同項は、「国家が科す刑罰の意義に関して、新たな理解が現れてきて」おり、「死刑は認められません」と述べています。

またこれに関し教皇庁教理省長官のルイス・フランシスコ・ラダリア・フェレール枢機卿から全世界の司教たちに宛てた書簡も発表されています。この中で同枢機卿は、「この教えは実際、懲罰への理解が変化してきた社会背景の中で、行政当局が共通善を保護するという一義的な責任の光に照らし、説明しうるもの」と述べています。

2267項の改訂版の暫定訳は、以下の通りです(正式な訳文は、後日発表されます)。

2267 合法的な行政機関が、公正な裁判に従い死刑を用いることは長年、特定の重大犯罪に対する適切な対応であり、たとえ極端ではあっても、共通善を守るための手段として受け入れられると考えられてきました。
 しかしながら、今日、たとえ非常に重大な罪を犯したあとであっても人間の尊厳は失われないという意識がますます高まっています。加えて、国家が科す刑罰の意義に関して、新たな理解が現れてきています。最後に、より効果的な拘留システムが発展してきており、それによって市民の安全を適正に確保することができますが、同時に、犯罪者から罪を償う可能性を決定的に奪うことはありません。
 これらの結果として教会は、福音の光に照らして次のように教えます。「死刑は認められません。それは人間の不可侵性と尊厳への攻撃だからです」【1】。さらに教会は全世界での死刑廃止のために決意をもって働きます。

注1.教皇フランシスコ、「教皇庁新福音化推進評議会の会議参加者へのあいさつ、2017年10月11日」(オッセルバトーレ・ロマーノ2017年10月13日号)

[資料]死刑現場の悲惨さを伝える写真家、トシ・カザマ氏の講演から(2009年)

また、同項目のこれまでの文章は以下の通りです。

2267 教会の伝統的な教えによれば、違反者の身元や責任が完全に確認された場合、それが不当な侵犯者から効果的に人命を守ることが可能な唯一の道であるならば、死刑を科すことも排除されていません。
 攻撃する者に対して血を流さずにすむ手段で人命を十分に守ることができ、また公共の秩序と人々の安全を守ることができるのであれば、公権の発動はそのような手段に制限されるべきです。そのような手段は、公共善の具体的な状況にいっそうよく合致するからであり、人間の尊厳にいっそうかなうからです。
 実際、今日では、国家が犯罪を効果的に防ぎ、償いの機会を罪びとから決定的に取り上げることなしに罪びとにそれ以上罪を犯させないようにすることが可能になってきたので、死刑執行が絶対に必要とされる事例は、「皆無ではないにしても、非常にまれなことになりました」。

外部サイト

PAGE TOP