教皇フランシスコ、2018年8月5日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年8月5日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 ここ数週間の主日の典礼は、群衆に手を差し伸べ、その願いに応えるイエスの優しさに満ちた姿を示してきました。今日の福音朗読(ヨハネ6・24-35参照)では、視点が変わります。イエスによって空腹を満たされた群衆が再びイエスを探し始め、イエスに会いに行きます。しかしイエスは、人々がご自分を探すだけでは満足せずに、ご自身のことを知るよう求めます。物質的な要求をその場で満たすことを超え、イエスを探し求め、イエスと出会うことが求められています。イエスはさらに大切なものを与えるために来られました。イエスは、食べること、着ること、経歴を積むことといった日々の事柄よりも広い展望へとわたしたちの生活を開くために来られました。したがって、イエスは群衆に宣言します。「あなたがたがわたしを捜しているのは、しるしを見たからではなく、パンを食べて満腹したからだ」(26節)。このようにイエスは、さらに一歩踏み込んで、奇跡にあずかるだけでなく、その意味を自らに問うよう群衆を促しています。パンと魚を増やした奇跡は、御父が偉大なたまものを人間に与えてくださったことを表すしるしです。そのたまものこそがイエスご自身です。

 真の「いのちのパン」(35節)であるイエスは、心の奥底にある飢えを満たすことのできる霊的な糧を与えることにより、からだだけでなく、魂も満たそうとします。だからこそ、朽ちる食べ物ではなく、永遠のいのちに至る食べ物(27節参照)を得るよう群衆を励ましているのです。イエスのことばとからだと血こそが、イエスによって日々与えられる食べ物です。人々は主の呼びかけに耳を傾けますが、その意味が理解できず――わたしたちもよくそうなります――、尋ねます。「神のわざを行うためには、何をしたらよいでしょうか」(28節)。聴衆は、パンを増やすような奇跡を起こしてもらうには、イエスの指示に従わなければならないと、イエスが命じていると思っています。これはよくある傾きです。宗教を法に従うこととしか考えず、神と自分たちの関係を、主人としもべの関係に置き換えているのです。しもべが主人から恩恵を受けるためには、託された責務を果たさなければなりません。これはだれもが知っていることです。したがって、群衆は神を喜ばせるためには何を行うべきか、イエスから知ろうとします。しかし、イエスは思いもよらない返答をします。「神がお遣わしになった者を信じること、それが神のわざである」(29節)。今日、このことばはわたしたちにも向けられています。神のわざは、なにかを「する」ことよりも、神がお遣わしになったかたを「信じる」ことに基づいて行われます。つまり、イエスを信じれば、神のわざの成就に協力することができます。愛と信頼に満ちたこのイエスとの結びつきに自ら加われば、福音の香りを振りまきながら、よい働きをし、兄弟姉妹の幸せと要望のために尽くすことができるのです。

 パンの心配をすることも必要ですが、わたしたちの真理への飢え、正義への飢え、愛への飢えを満たすために来られた「いのちのパン」であるイエスとの結びつき、イエスへの信仰をはぐくむことはさらに重要です。主はそのことを忘れないよう、わたしたちに求めておられます。

ローマのサンタ・マリア・マジョーレ大聖堂の献堂記念日にあたり、わたしたちが信仰の歩みを進め、自分たちの人生に対する神のご計画に喜んで従うことができるように、「ローマの民の救い」であるおとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP