教皇フランシスコ、2018年8月12日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年8月12日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、イタリアの若者の皆さん、こんにちは。

 今日の第二朗読の中で、聖パウロはわたしたちに強く呼びかけています。「神の聖霊を悲しませてはいけません。あなたがたは、聖霊により、あがないの日に対して保証されているのです」(エフェソ4・30)。ここでわたしは自らに問います。何が聖霊を悲しませるのでしょうか。わたしたちは皆、洗礼と堅信の秘跡を通して聖霊を受けました。ですから、聖霊を悲しませないためには、洗礼の秘跡において交わされ、堅信の秘跡で更新された約束に即して生きなければなりません。偽善的にならずに、忠実に生きるのです。どうか忘れないでください。キリスト者は偽善的にならずに、忠実に生きなければなりません。洗礼の約束には、「悪を退け、善を行う」という二つの側面があります。

 悪を退けることは、誘惑に、罪に、そして悪魔に「ノー」と言うことを意味します。さらに具体的に言えば、それは現実から偽りの幸せへの逃避の中に表れる死の文化に「ノー」と言うことです。死の文化は嘘、裏切り、不正義、他者をさげすむこととして表れます。それらすべてのことに「ノー」と言ってください。洗礼において授けられ、聖霊を源とする新しいいのちは、分離と争いをもたらす心情に操られた行いを退けます。だからこそ、使徒パウロは自分たちの心から「無慈悲、憤り、怒り、わめき、そしりなどすべてを、一切の悪意と一緒に」(31節)捨てるよう促しているのです。それらは聖霊の喜びを脅かし、心を毒で汚し、神と隣人を呪うよう仕向ける六つの要素、悪徳であるとパウロは述べています。

 しかし、よいキリスト者になるためには、悪いことをしないだけでは十分ではありません。善のもとに生き、善を行う必要があります。聖パウロは、「互いに親切にし、あわれみの心で接し、神がキリストによってあなたがたをゆるしてくださったように、ゆるし合いなさい」(32節)と引き続き述べています。「わたしはだれにも害を及ぼしていない」という人がよくいます。その人は自分が聖人だと思っています。それでは、善いことはしたのでしょうか。悪いことも善いこともせずに、無関心、無感動、無気力のうちに生活している人がどんなに多いことでしょう。こうした態度は福音に反しており、若者が模範とすべきものでもありません。若者は本質的に、活動的、情熱的で勇気ある存在です。もしこのことばを知っていたら、一緒に繰り返してください。「悪を行わないのはよい事ですが、なにも善を行わないのも悪です」。これは聖アルベルト・ウルタドがよく唱えたことばです。

 今日は、善い行いの主人公になるよう皆さんにお願いしたいと思います。善いことを自らすすんで行う人です。悪いことをしなければ大丈夫だなどと、考えないでください。だれもが、行えたはずの善行をしなかった罪を抱えています。憎まないだけではなく、ゆるさなければなりません。恨みを抱かないだけではなく、敵のために祈らなければなりません。分裂をもたらさないだけでなく、何もないところに平和を築かなければなりません。陰口をたたかないだけでなく、だれかが人の悪口を言っているのを聞いたら、中傷をやめさせなければなりません。それこそが善い行いです。悪を退けないならば、暗黙のうちにその悪事を促すことになってしまいます。悪が広まっているときには、その中に割って入らなければなりません。聖パウロが勧告しているように、愛をもって歩み(同5・2)、善をもって悪に立ち向かう勇敢なキリスト者がいなければ、悪は広まってしまいます。

 若者の皆さん、ここ数日、皆さんは沢山歩いてきたことでしょう。元気な皆さんにお願いします。愛のわざを行いながら、愛をもって歩いてください。間近に迫ったシノドスに向けて一緒に歩きましょう。わたしたち一人ひとりが、行いを通して悪を退け、善を受け入れられるよう、おとめマリアが母なる取り次ぎをもって支えてくださいますように。

PAGE TOP