教皇フランシスコ、2018年8月29日一般謁見演説:アイルランドへの司牧訪問

 

教皇フランシスコ、2018年8月29日一般謁見演説
アイルランドへの司牧訪問

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、おはようございます。

 わたしは先週末、世界家庭大会に出席するためにアイルランドを訪問しました。皆さんもテレビでご覧になったことでしょう。わたしは、とりわけキリスト者の家庭の召命と使命を確認するためにこの会議に出席しました。あらゆる言語、文化、背景をもつ何千もの家庭――夫婦、祖父母、子ども――がダブリンに集ったことは、全家庭に向けた神の美しい願いを雄弁に物語っていました。ご存じのように、神の願いは家庭と世界における一致と調和、平和です。それらは神がキリストのうちに与えてくださった忠誠心とゆるし、和解の実りです。キリストは、すべての家庭がこの願いを共有し、孤立している人や望まれない人、疎外された人のいない世界をつくるよう、呼びかけておられます。どうかよく考えてください。神が望んでおられるのは、孤立した人、望まれない人、疎外された人がいなくなることです。したがって「家庭の福音、世界のための喜び」というこの大会のテーマは非常に時宜に即したものです。

 わたしはアイルランドの大統領、首相、政府高官、民間当局、宗教指導者、そしてこの大会を組織し、実現させるためにあらゆる分野で尽力してくださった大勢の方々に感謝します。また、懸命に尽くしてくださった司教団にも心から感謝します。ダブリン城でわたしが指導者の皆さんに強調したように、教会はさまざまな家族から成る一つの家庭であり、一つのからだのように、その細胞を支え、友愛的で包括的な社会を発展させるために欠かせない役割を果たしています。

 あらゆる世代の男女による夫婦愛のあかしは、現代における「光の原点」です。彼らの話が物語っているように、夫婦愛とは、家族という「家庭内の教会」の中で日々はぐくまれる、神からの特別な贈り物です。その場限りの現代の文化から救ってくれる優しさの革命、愛の革命を、世界はどれほど必要としていることでしょう。その革命は、家庭の中心で始まります。

 ダブリンの大聖堂では、教会で活動している夫婦、若夫婦、そして大勢の子どもたちに会いました。また、さまざまな課題や困難に直面している何組かの夫婦にも会いました。彼らは、つねに人々に寄り添っているカプチン・フランシスコ修道会の兄弟たちと他の多くの教会内の家族を通して、愛の実りである連帯と支援を受けています。

 この訪問の頂点となったのは、土曜日の夜、ダブリンの競技場で行われた家庭フェスティバルでした。その後、フェニックス公園で主日のミサが行われました。夕べの祈りでは、戦争のためにひどい苦しみを受けた家族、依存症の悪循環から愛によって救われた家族、さらには携帯電話やタブレットの正しい使い方を学び、ともに過ごす時間を優先させた家族による感動的な話を聞きました。世代間のコミュニケーションの重要性と、家庭の絆を強め、信仰の宝を伝えるために祖父母が果たせる特別な役割の大きさが強調されました。高齢者は今日、――残念なことですが――わずらわしい存在だと思われがちです。この使い捨て文化の中で、「捨てられ」、わきに追いやられているのです。しかし彼らは知恵であり、人々の記憶、家庭の記憶です。祖父母はその記憶を孫に伝えなければなりません。歴史を継続させるために、若者と子どもたちは彼らと話さなければなりません。どうか高齢者をないがしろにしないでください。祖父母の皆さんが自分の子どもたちや孫たちと親しくかかわることができますように。

 日曜日の朝には、アイルランドの人々が大切にしている聖母出現の巡礼地クノックを訪れました。おとめマリアが出現した場所に建てられたその聖堂で、わたしはすべての家庭、とりわけアイルランドの家庭を、マリアの母としての保護にゆだねました。また、今回の司牧訪問には北アイルランドは含まれていませんでしたが、その地の人々に心から挨拶し、和解と平和構築、友愛、エキュメニカルな協力に向けた歩みを励ましました。

 わたしの今回の訪問には、大きな喜びだけでなく、痛みと苦しみも伴いました。なぜなら、教会内の人々による虐待をも含む、さまざまな種類の虐待によってこの国の人々が苦しんできたからであり、さらには、過去の教会指導者がそうした罪につねに適切に対処できなかったからです。八人の被害者との会合は、心に深い跡を残しました。わたしは何度もそれらの罪と不祥事と、その原因となる背信行為について主にゆるしを願い求めました。アイルランドの司教団は、清めと和解を心から求める取り組みを、虐待被害者とともに始めました。また、政府当局も若者の安全を確保するために厳密な規範を設け、その取り組みを後押ししています。司教団との会合において、わたしは過去の過ちを真摯に勇気をもって償い、主との約束を信じ、アイルランドの人々の深い信仰を信頼しつつ、アイルランドの教会で新たな時代を築くよう励ましました。アイルランドには信仰が、信者が、深く根をはった信仰があります。しかし驚くことに、司祭への召命はほとんどありません。どうして信仰が実を結ばないのでしょう。その原因はこれらの問題、不祥事などの多くの事柄です。アイルランドに司祭を、新しい召命を送ってくださるよう主に祈ってください。一緒に「アヴェ・マリアの祈り」をクノックのマリアに向けて唱えましょう。

 主イエスよ、わたしたちに聖なる司祭を送ってください。

 兄弟姉妹の皆さん、ダブリンで開催された世界家庭大会は、福音的な結婚と家庭生活のために尽力している多くの家庭の参加のもとに行われた預言的で勇気づけられる体験でした。それらの家庭はイエスの弟子であり宣教者であると同時に、善と聖性、正義、平和のパン種です。問題に直面するたびにゆるしを求め、子どもたちを誠実に育てている多くの家庭――本当に多くの家庭――が忘れられています。新聞や雑誌が、「この人があの人と離婚した。別れた」といったことを盛んに書きたてているからです。どうかお願いします。これはよくありません。確かなことは、自分は相手を信頼し、わたしたちは人を尊重しなければならないことであって、離婚は理想ではありません。別離も理想ではありません。家庭崩壊も理想ではありません。一つに結ばれた家庭こそが理想です。どうかそうなりますように。それこそが理想なのです。

 次回の世界家庭大会は、2021年にローマで行われます。すべての家庭が家の中でも、小教区でも、共同体の中でも真に「世界のための喜び」となれるようイエス、マリア、ヨセフの聖家族の保護に全家庭をゆだねましょう。

PAGE TOP