教皇フランシスコ、2018年9月9日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年9月9日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(マルコ7・31-37参照)には、耳が聞こえず、話すのも不自由な人に対してイエスが行ったいやしの奇跡が記されています。人々は耳も口も不自由な人をイエスのもとに連れて来て、その人の上に手を置くようイエスに求めました。イエスはそうするかわりに、二つの異なる動作をその人に行います。まず、群衆の中から彼を連れ出しました。このときもこれまでと同様、イエスはつねに落ち着いています。イエスは名声も成功も求めず、ただ人々のためによい事をしたいと思っています。善は騒がれず、誇示もされず、「角笛も吹かれずに」、静かに行われるべきであると、イエスはこの姿勢を通して教えています。

 イエスは群衆から離れ、耳の聞こえない人の両耳に指を差し入れ、つばをつけてその舌に触れました。このしぐさは、受肉を示唆しています。神の子は人間という現実の中に差し入れられ、人となりました。だからこそ、相手の窮状を理解し、自分自身の人間性がかかわる動作によって介入することができたのです。イエスはまた、この奇跡は御父との一致によってもたらされたことを伝えようとしました。したがって天を仰いで、深い息をつき、「エッファタ」という決定的なことばを唱えました。それは「開け」という意味です。するとたちまちその人はいやされ、耳が開き、舌のもつれが解けました。彼へのいやしは、他の人々と世界に「開かれること」だったのです。

 この福音箇所は、二つのいやしの必要性を強調しています。まず最初に、健康を取り戻すために行われる、病気や身体的な痛みからのいやしです。さまざまな科学的、医療的な取り組みがなされていますが、このいやしを地上で完全に行うことはできません。そしてもう一つは、恐れからのいやしという、おそらくさらに困難ないやしです。それは病者や苦しんでいる人々、障がいのある人々を疎外するよう仕向ける恐れからのいやしです。人々を疎外する方法は数多くあります。たとえば、偽善的な同情を寄せることや、問題を無視することなどです。わたしたちは、人が病気や苦悩、難局により苦しんでいても、何も聞こえず、話せない人であり続けます。病気と苦しみは、もっとも弱い立場にある人々に対する社会の思いやりと連帯を表す機会となるべきですが、それらはあまりにも頻繁に、問題として捉えられています。

 イエスはわたしたちも倣うことのできる奇跡の秘訣を教えています。それは「エッファタ」、「開け」ということばを唱える当事者となることです。イエスはこのことばを唱えることにより、耳と口が不自由な人に聞く力と話す力を与えます。このことは、利己主義やかたくなな心を退けることにより、苦しみのうちに助けを求めている兄弟姉妹の願いに対して自分自身を開くことを意味します。イエスは人の心の奥底にある中核、まさに心の中心を「開き」、解き放つために来られました。それは、わたしたちが神との、そして他者との結びつきを完全に生きられるようにするためです。イエスが人となられたからこそ、人は、たとえ罪によって心の耳や口が機能していなくても、愛である神の声を聞くことができます。それにより今度は自分が愛のことばを話し、寛大に自らをささげる行いを実践できるようになるのです。

 神と兄弟姉妹との交わりのうちに生きるために、わたしたちが「エッファタ」の奇跡を信仰のうちに日々行えるよう、主の愛に完全に自らを「開く」ことのできたおとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP