教皇フランシスコ、2018年9月26日一般謁見演説:バルト三国への司牧訪問

 

教皇フランシスコ、2018年9月26日一般謁見演説
バルト三国への司牧訪問

兄弟姉妹の皆さん、おはようございます。

 わたしは先日、バルト三国と呼ばれるリトアニアとラトビア、エストニアの独立百周年に際し、この三国を司牧訪問しました。その百年のうちの半分が、まずはナチスドイツ、その後はソビエト連邦の占領支配下にありました。多くの苦難を味わってきた三国の人々を、主はとりわけ深い愛をもって見守ってくださいます。わたしはそう確信しています。温かく歓迎してくださった三国の大統領と民間当局に心から感謝します。この司牧訪問を準備し、実現させるために協力してくださった司教団とすべての方々にも感謝しています。

 わたしの訪問は、聖ヨハネ・パウロ二世の訪問とはまったく異なる背景のもとに行われました。わたしの使命は福音の喜び、さらには優しさといつくしみによる革命を現地の人々に伝えることでした。なぜなら、自由だけでは、神から絶えずもたらされる愛が欠乏している人生を満たし、意味を与えるには不十分だからです。福音は苦境においては、自由を勝ち取るための営みに力と熱意を与えます。一方、人々が自由を享受しているときには、人々や家族、社会の日々の生活を照らす光となり、日常生活に風味を加え、事なかれ主義と利己主義の支配から日々の生活を守る塩となります。

 リトアニアの国民の大多数はカトリック教会の信者ですが、エストニアとラトビアではルーテル教会と正教会が優勢です。しかし多くの人々が信仰から遠ざかっています。したがって今後の課題は、過酷な迫害の時代に培われた、全キリスト者の間の交わりを深めることです。実際、この司牧訪問の特徴は、エキュメニカルな要素でした。リガの大聖堂での祈りの集いと、タリンでの若者との集いにその特徴が表れていました。

 わたしは三国の政府当局に、他の国々、特に欧州諸国の共同体に彼らがなしうる貢献について話しました。その貢献とは、過酷な試練のときに受け継がれてきた人間的、社会的な宝です。わたしは高齢者と若者の間で対話が行われるよう促しました。自らの「ルーツ」に触れることにより、現在も未来もより豊かになるからです。わたしはこの三国の伝統を踏まえながら、連帯と受容に自由を結びつけるようつねに努めました。

 若者と高齢者のために二つの重要な集いが行われました。ヴィリニュスでは若者との集いが、リガでは高齢者との集いがありました。若者が大勢詰めかけたヴィリニュスの広場には、「イエス・キリストこそわたしたちの希望」という、今回のリトアニアへの司牧訪問のモットーが掲げられていました。そこでのあかしには、美しい祈りと歌が伴っており、人々の心はつねに神に開かれていました。また、他の人々のために尽くす喜び、苦境から再び立ち上がり、「自分自身」という囲いから出て、歩みを進める喜びにも満たされていました。わたしはラトビアの高齢者とともに、忍耐と希望が強く結びついていることを確認しました。苦難をくぐりぬけて来た人々は、一つの民族の根となり、新しいつぼみがついて花を咲かせ、実を結ぶさまを、神の恵みをもって見守ります。高齢者にとっての課題は、自分自身の中に閉じこもらずに開放的になり、心と気持ちを柔軟に保つことです。それは、聖霊の「リンパ液」のような働きを通して、祈りをささげ、みことばを聞くことによってなされます。リトアニアで行われた聖職者や神学生との集いでは、粘り強さは、希望をもち、神を中心として生き、愛に深く根差すために不可欠であるということが焦点となりました。多くの聖職者や奉献生活者が、過去に、そして今でも、いかに素晴らしいあかしを行っていることでしょう。彼らは中傷、監禁、送還によって苦しんできましたが、信仰を固く守ってきました。殉教者のことを忘れずに、記憶として心に留め、彼らの模範に倣うよう、わたしは促しました。

 記憶と言えば、ユダヤ人大量殺戮の前触れとなったゲットー解体75周年にあたり、わたしはリトアニアにおけるユダヤ人虐殺の犠牲者に追悼の意を表します。ジェノサイド博物館も訪れ、政府に抵抗する人々が逮捕され、拷問を受け、殺された部屋で祈りをささげました。一晩におよそ40人が殺害されました。人間がこんなにも残酷になれるものかと、わたしは心を痛めずにはいられません。このことについて考えましょう。年月が過ぎ、政権が移り変わっても、いつくしみの母であるおとめマリアは、ヴィリニュスの夜明けの門の上から、希望と慰めのしるしとして、人々を見守っておられます(第二バチカン公会議公文書『教会憲章』68参照)。

 福音の生きたしるしは、具体的な愛のわざにほかなりません。世俗主義が優勢なところでも、神は愛、思いやり、そして困窮している人への無償の奉仕という言語で語りかけておられます。そのとき心が開け、奇跡が起こります。荒れ野で新しいいのちが芽吹きます。リトアニアのカウナスと、ラトビアのアグロナ、エストニアのタリンでそれぞれミサを行いましたが、この地を歩む聖なる神の民は、わたしたちの希望であるキリストに改めて「はい」と答えると同時に、ご自分の子どもたち、とりわけもっとも苦しんでいる人々に、母親としてご自身をつねに示してくださるおとめマリアに「はい」と答えました。さらには、選ばれ、清められ、聖とされた民として、改めて「はい」と答えました。神はその人々の心に、洗礼の恵みを呼び覚ましてくださいます。

 リトアニア、ラトビア、エストニアの兄弟姉妹のために祈りましょう。

PAGE TOP