教皇フランシスコ、2018年9月30日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年9月30日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(マルコ9・38-43、45、47-48参照)は、イエスの弟子たちとの生活の中でも、非常に指導的な場面についてです。弟子たちはある人が――イエスの弟子の仲間ではない人――がイエスの名を使って悪霊を追い出しているのを目撃し、それをやめさせようとしました。ヨハネは、若者によくみられるひたむきな熱意をもって、そのことを先生であるイエスに伝え、支持を得ようとします。しかしイエスはそのまったく逆のことを答えました。「やめさせてはならない。わたしの名を使って奇跡を行い、そのすぐ後で、わたしの悪口は言えまい。わたしたちに逆らわない者は、わたしたちの味方なのである」(39-40節)。

 ヨハネと他の弟子たちは、自分たちの計画にそぐわない状況に直面すると、「閉鎖的」な態度をとります。この場合、仲間「以外」の人の行いが、たとえそれがよいものであっても、問題となっています。一方、イエスは聖霊の自由を完全に受け入れ、非常に自由に行動します。聖霊の働きはどんな境界線や限界にもとらわれません。イエスは弟子たち――そして現代のわたしたち――に心の中の自由について教えようとしておられます。

 この箇所について考え、しばし良心の糾明を行うことは、わたしたちにとって有意義なことです。弟子たちの態度は非常に人間的で、だれにも共通するものです。それは、歴史の中のさまざまなキリスト教共同体に見られましたし、おそらくわたしたち自身にも該当します。強い熱意をもって正当な信仰をもつ人は、その体験の正統性を守り、指導者や創始者からにせ者を遠ざけようとします。しかしそこには、「競争」という一種の恐れも同時に存在しています。競争という恐れは悪いものです。それは、だれかが新しい仲間をかすめ取り、わたしたちはその人の望ましい結果にあやかれないのではないかという恐れです。これはよくないことです。その人は「自分たちの仲間ではない」と言っているからです。これは一種の自己志向的な考え方です。そこには改宗を求める傾向の根源があります。教皇ベネディクト十六世がよく述べていたように、教会は改宗を求めることによってではなく、人々の注意を引き寄せることによって成長します。つまり、聖霊の力によって他者にあかしをすることによって成長するのです。

 神は完全な自由のうちに、ご自身をわたしたちにお与えになります。そして、わたしたちは自分の態度と人間関係を変えるように求める課題と忠告をそこから感じ取ります。イエスは、現代に生きるわたしたちに対して、敵か味方か、自分たちか彼らか、仲間か部外者か、自分のものか相手のものかにとらわれずに、それらのことを超えて心を開くよう呼びかけています。そうすれば、思いもよらない通常とは異なる状況の中でも、自分たちの仲間でない人たちのうちにも、神の現存と働きを認識することができるからです。行った人の名前や素性よりも、行われたことの良さ、素晴らしさ、忠実さの信ぴょう性に気を配るのです。この福音の後半が示唆しているように、わたしたちは自分自身を振り返り、信仰の弱い者をつまずかせるものをすべて、妥協せずに「切り捨て」なければなりません。

 神の驚くべきわざを従順に受け入れることの模範であるおとめマリアに助けられ、わたしたちが自分たちのただ中におられる主のしるしに気づき、どこにおられても、たとえ思いも寄らない異例な場におられても、主を見つけだすことができますように。嫉妬したり、自分たちの中に閉じこもったりせずに、共同体を愛し、つねに聖霊の働きの広大な地平に心を開くことができますように。

PAGE TOP