教皇フランシスコ、2018年10月7日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年10月7日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(マルコ10・2-16)には、結婚に関するイエスのことばが示されています。ファリサイ派の人々の挑発的なことばによってこの箇所は始まります。彼らは夫が妻を離縁することはモーセの律法にかなっているかどうか(2-4節参照)イエスに尋ねます。イエスはまず、御父から受けた知恵と権能のもとに律法を解釈し、こう言います。「あなたたちの心が頑固なので、このようなおきてをモーセは書いたのだ」(5節)。このように離縁は、わたしたち人間の利己主義によって生じた亀裂を修復するための譲歩でああったとしても、創造主の最初の意図には即していません。

 ここでイエスは再び「創世記」に触れます。「それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。だから二人はもはや別々ではなく、一体である」(7-8節)。さらに、「神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない」(9節)と言って締めくくります。男女が結婚し、もしうまくいかなかったら離縁するということは、創造主の最初の計画には含まれていません。そうではなく、男女は結婚を通して、互いを認め、補い、助け合うよう求められています。

 このイエスの非常に明確な教えは、愛における一致として、結婚の威厳を守るよう促しています。それには約束を忠実に守ることが必要となります。夫婦を結婚のもとに結びつけ続けるのは、互いに与え合う愛です。その愛はキリストの恵みによって支えられています。しかし夫婦の間で、個人の利益や、自分の満足感が優勢になると、その結びつきを保つことができなくなります。

 この福音箇所が非常に明確に伝えているように、男女は結びつき、愛するという体験をするよう招かれていますが、残念ながらその状態を脅かす行いをすることもあります。この結びつきを傷つけるあらゆる行いをイエスはゆるしません。それは、人間の結びつきがもつ力と美を神の計画が重要視していることを確認するためです。一方、教会は聖書と伝統によって委ねられた家族の素晴らしさを、絶えず確認し続けます。それと同時に、断絶や、険悪な状態に陥った人間関係のために苦しんでいる人々に、母のように実際に寄り添うよう努めます。

 忠実でない人々――わたしたちのことでもあります――に対する神のなさり方は、傷ついた愛がいつくしみとゆるしを通して、神によっていやされることを教えています。したがって、そうした場合、教会はすぐにとがめることだけを求められているのではありません。そうではなく、多くの結婚が陥る痛ましい挫折を前にして、教会は傷つき道に迷った心を神のもとに連れ戻すために、愛と思いやり、いつくしみを示すよう求められています。

 夫婦が、神の最初のたまものを源とする自分たちの結びつきのうちにつねに生活し、その結びつきを新たにできるよう、おとめマリアの助けを願い求めましょう。

PAGE TOP