教皇フランシスコ、2018年10月21日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年10月21日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音箇所(マルコ10・35-45参照)は、弟子たちの世俗的な考え方を神に従う考え方に変えるために、何度も辛抱強く努力するイエスの姿を描いています。ヤコブとヨハネは一番初めにイエスと会い、イエスに従った弟子ですが、この事態を招いたのは彼らです。そのときには二人ともかなり長い間イエスに従い、十二使徒の一員となっていました。したがって、エルサレム――弟子たちはイエスが過越祭にエルサレムに神の国を最終的に築くことを切望していました――に行く途中で、彼らは勇気をだして師であるイエスに近づき、自分たちの望みを伝えました。「栄光をお受けになるとき、わたしどもの一人をあなたの右に、もう一人を左に座らせてください」(37節)。

 イエスは、ヤコブとヨハネがご自身と神の国への熱意に動かされていることを知っていましたが、彼らの望みと意欲が世俗的な精神に汚されていることも知っていました。したがってイエスは、「あなたがたは、自分が何を願っているか、分かっていない」(38節)と答えます。二人は王であるキリストのそばの「栄光の座」について話しますが、イエスは、これから飲む「杯」、受ける「洗礼」について、すなわち受難と死について語っています。つねに特権を待ち望み、追い求めているヨハネとヤコブは、すぐに「できます」(39節)と答えます。しかしここでも、彼らは自分の言っていることを真に理解していません。彼らもイエスが飲む杯を飲み、イエスが受ける洗礼を受けることになると、イエスは予告しています。このことは、彼らも他の弟子たちと同様、やがてイエスの十字架を背負うことになることを意味します。一方、イエスはこう締めくくります。「わたしの右や左にだれが座るかは、わたしの決めることではない。それは、定められた人々に許されるのだ」(40節)。それはあたかも、今はわたしに従い、「自らをなげうって」愛することを学びなさい。そうすれば天の父があとで報いてくださると言っているかのようです。愛する道はつねに「自らをなげうつ」道です。愛することは、自分勝手な利己主義を退け、他者に尽くすことだからです。

 そのとき、イエスは他の10人の使徒も同じように世俗的な考え方をもっており、ヨハネとヤコブに腹をたてていることに気づきます。そして、わたしたちをも含むあらゆる時代のキリスト者に当てはまる教えを伝えるよう駆り立てられます。「あなたがたも知っているように、異邦人の間では、支配者と見なされている人々が民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。しかし、あなたがたの間では、そうではない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、すべての人のしもべになりなさい」(42-44節)。これこそがキリスト者の心得です。イエスのことばは明確です。地上の権力者は自分の権力を表す「王座」を自力で作りますが、神は十字架という苦痛が伴う王座をお選びになります。それはご自分のいのちを与えることによって治めるための王座です。イエスは言います。「人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分のいのちをささげるために来たのである」(45節)。

 仕えることは、首位を追い求める病への特効薬です。それは、立身出世を追い求める人に効く薬です。この首位を追い求める病には、多種多様な人が感染します。神の民であるキリスト者も、教会の位階組織も例外ではありません。したがって、回心への招きであるこの福音箇所を、キリストの弟子として受けとめましょう。そうすれば、もっとも恵まれない人々の足元にひれ伏す教会を、勇気と寛大さをもってあかしし、そうした人々に愛と純真さをもって仕えることができるでしょう。イエスに従い仕える道、天に至る崇高な道を、わたしたちが喜んで歩めるよう、み旨に謙虚に完全に従ったおとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP