教皇フランシスコ、2018年11月4日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年11月4日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは

 今日の福音朗読(マルコ12・28-34参照)の中心には神を愛し、隣人を愛するように求める愛のおきてがあります。律法学者がイエスに尋ねます。「あらゆるおきてのうちで、どれが第一でしょうか」(28節)。イエスはまず、すべてのイスラエルの民が一日の初めと終わりに唱える信仰告白を唱えます。「聞け、イスラエルよ。われらの神、主は唯一の主である」(申命記6・4)。このようにイスラエルの民は、この信条全体を貫く根本的な真理のうちに自分の信仰を守っています。すなわち、主は唯一であり、主は不変の契約によってわたしたちと結びついておられる、わたしたちの神であるという真理です。神は過去、現在、未来においてわたしたちをつねに愛しておられます。この主の愛こそが、二つのおきての源です。「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。……隣人を自分のように愛しなさい」(マルコ12・30-31)。

 イエスは、神がご自分の民に宣言したこの二つのことばを選んで一つにまとめ、はっきりと教えています。神への愛と隣人への愛を分かつことはできません。それどころかこの二つの愛は互いに支え合っています。これらの愛は、たとえ順を追って示されていても、一つの硬貨の両面です。一緒に実践されてこそ、キリスト者の真の力となります。

 神を愛するとは、神のもとに、神のために、神の現存と神がなされるわざのために生きることです。わたしたちの神はすべてを与え、限りなくゆるし、交わりのうちに力づけ、はぐくんでくださいます。したがって神を愛することは、隣人のために全面的に奉仕し、限りなくゆるそうと努め、交わりと兄弟愛という結びつきをはぐくむことによって、神の協力者となれるよう、日々努力することを意味します。

 福音記者マルコは、隣人のことをあえて定義づけていません。隣人とは自分が旅の途上で日々出会う人々だからです。自分の隣人を前もって選ぶことはキリスト教の教えに即していません。隣人とは前もって自分が選んだ人だと考えることは、キリスト教に基づかない異教の考え方です。それは自分にとって好都合な人を探す目と、求める心をもつことだからです。イエスのまなざしで見るならば、つねに困窮している人々の声を聞き、彼らに寄り添うでしょう。隣人の要望には効果的に応えるべきであることはいうまでもありませんが、しかしそれ以前に、分かち合うことが求められます。空腹を抱えた人は、一杯のスープだけでなく、相手が微笑み、耳を傾け、一緒に祈ってくれることを望んでいることは、一目見れば分かります。今日の福音は、貧窮している兄弟姉妹の要望に目を向けるだけでなく、兄弟姉妹としての寄り添い、生きる意味、優しさを彼らが求めていることに気づくようわたしたちに呼びかけています。わたしたちキリスト教共同体は課題を突き付けられています。それは、多くの取り組みがあっても、人間関係がわずかしか存在しない共同体になる危険と、キリスト教的に完全な意味での仲間がほとんどいない「サービスステーション」になる危険を回避することです。

 愛である神は、わたしたちを愛する者としてお造りになりました。それゆえわたしたちは、神との結びつきを保ちながら他者を愛することができます。神を愛さずに隣人を愛していると主張することなどありえません。また、隣人を愛さずに神を愛していると主張することもありえません。神への愛と隣人への愛という二つの側面は、その一致のうちに、キリストの弟子を特徴づけます。わたしたちがこの素晴らしい教えを日常生活に受けとめ、あかしできるよう、おとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP