教皇フランシスコ、2018年11月11日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年11月11日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音(マルコ12・38-44参照)は、エルサレムの神殿での一連のイエスの教えを締めくくるものです。それは律法学者とやもめという対照的な二人の人物に焦点を当てています。なぜ対照的なのでしょうか。律法学者は裕福で影響力のある要人を代表しており、もう一方のやもめは、もっともないがしろにされている貧しく、弱い人を代表しています。イエスは律法学者をはっきりと非難していますが、それは彼らの仕事全般に対するものではなく、彼らが自分の社会的地位を自慢し、「ラビ(先生)」という肩書で自らを飾りたて、上座に座り、あいさつされるよう望んでいることに対するものです(38-39節参照)。しかも、イエスが「見せかけの長い祈りをする」(40節)と指摘しているように、彼らの自慢はとりわけ宗教性を帯びており、彼らは神の法の守護者として敬意を受けるために神を利用しています。このように優越感と虚栄心にまみれた態度のもとに、彼らはやもめのようにないがしろにされ、貧しい状態にある人々を軽蔑します。

 イエスはこのゆがんだ構造を逆転させます。宗教的な目的のために弱者を抑圧することを非難し、神はもっとも小さくされた人々の味方であると宣言します。イエスはその教えを弟子たちの心に刻み込むために、貧しいやもめを例にとります。彼女は、自分の権利を守ってくれる夫がいないために、社会的に非常に低い立場に置かれており、良心のかけらもない金貸しのえじきに、いとも簡単になってしまいます。金貸しは支払いに応じるよう、弱者を追い回します。この女性は、賽銭箱にたった二枚の銅貨――自分のもっているすべて――を、自分自身を恥じているかのようにそっと入れました。しかしそうした謙虚な姿勢を通して、彼女は宗教的にも霊的にも非常に重要な行いをしています。自分自身を完全にささげるこうした行いを、イエスは見逃しません。そして、ご自分が弟子たちに教えようとしている完全な自己奉献の輝きを、彼女の中に見いだします。

 イエスが今日、わたしたちに示しておられる教えは、人生にとって何が重要であるかを改めて認識し、神との日々の具体的な結びつきを強めるために役立ちます。兄弟姉妹の皆さん、神のはかりはわたしたちのものとは違います。神は人間とその行動を別の方法ではかります。イエスは量ではなく質ではかり、心を詳しく調べ、その意思が純粋であるかどうかを見極めます。つまり、イエスがわたしたちにされたように、祈りのうちに神に「ささげ」、愛のうちに他者に「与えること」は、儀式的、形式的、打算的になるのではなく、感謝の表れとなるべきです。イエスは見返りを求めずに、無償でわたしたちを救ってくださいました。わたしたちは、感謝のしるしとして物事を行わなければなりません。だからこそイエスは、キリスト者の生き方の見習うべき模範として、貧しく物惜しみしないこのやもめをあげているのです。彼女の名前は分かりませんが、その心は理解できます。わたしたちは天の国で彼女に会い、きっとあいさつするでしょう。それこそが、神が重視されることです。もしわたしたちが、他者のために行ったことを並び立てて目立ちたいという思いにとらわれ、他者の視線ばかりを気にしているならば、いわば「くじゃく」のようなうぬぼれ屋になってしまったら、この女性のことを考えましょう。そのことは、不適切な行いを取り除き、真に重要なものに向かって進み、謙虚になるために役立ちます。

 わたしたちが、自分がもっている物ではなく自分自身を、主と兄弟姉妹に謙虚におしみなくささげることができるよう、神に自分のすべてをささげた貧しい女性であるおとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP