教皇フランシスコ、2018年11月18日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年11月18日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 主は今日の福音(マルコ13・24-32参照)の中で、未来の出来事を弟子たちに告げています。第一に、この箇所は終末のときについての教えではなく、現在をしっかりと生き、つねに注意を払い、自分の人生の責任を負うよう求められるときのために備えるようにとの招きです。イエスは言います。「それらの日には、このような苦難の後、太陽は暗くなり、月は光を放たず、星は空から落ちる」(24-25節)。このことばは、創世記の冒頭の創造に関する箇所を思い起こさせます。原初から太陽と月と星は順を追って輝き、いのちの表れである光を放ってきました。しかしそれらが衰え、まるですべてが終わったかのように、闇と混沌の中に落ちる様子がこの箇所には記されています。しかし最後の日には、比類のない新たな光が輝きます。それは、すべての聖人たちとともに栄光を帯びて来られる主イエスの光です。主とのこの出会いにおいて、わたしたちは三位一体の光に満たされた主のみ顔をようやく仰ぎ見ることができます。それは愛に照らされたみ顔であり、その前では、すべての人もまた、完全な真理のうちにあります。

 人類の歴史は、わたしたち一人ひとりの経歴と同様、意味のないことばや出来事が単に連なったものとして解釈されるものではありません。ましてや、すべてが運命によってあらかじめ定められており、自由の入る余地などないという宿命論的な考え方によって理解されるものでもありません。それは、真の決断の実りとして選択する機会を奪う考え方です。しかしイエスが今日の福音朗読の中で述べているように、諸民族と各個人が歩む道には、至るべき目標と到達点があります。それこそが、主との決定的な出会いです。それがいつどのように、訪れるかはだれにも分かりません。「その日、その時は、だれも知らない。天使たちも子も知らない」(32節)と、主は強調しています。すべてのことが、御父の神秘のベールの内に守られています。それでもわたしたちは皆、自分が向き合うべき根本的な原則を知っています。イエスは言います。「天地は滅びるが、わたしのことばは決して滅びない」(31節)。これこそが真の核心です。そのときわたしたちは、御子のことばにより自分の存在が照らされているか、それとも自分はそのことばに背をむけ、自分自身のことばを信頼しようとしているかを、各自、見極めなければなりません。そして、これまで以上に自分自身を御父の愛に完全にささげ、神のいつくしみに自らをゆだねるのです。

 だれもそのときから逃れることはできません。だれ一人もです。わたしたちは自分がこうあるべきと思う姿を正当化するために、しばしばうまく立ち回ろうとしますが、その抜け目のなさも無用になります。それと同様に、わたしたちは金銭力や経済的な手段によって何でも得られると過信していますが、それらも何の役にもたたなくなります。わたしたちはみことばを信じて、人生の中でやり遂げたことのみを携えます。つまり、すべての行いと、自分が行わなかったこと、あるいはあえて怠ったことを携えます。わたしたちが持っていけるのは、自分が与えたものだけなのです。

 おとめマリアにとりつぎを願い求めましょう。この地上では限界を抱えたはかない存在であることを自覚しても不安に陥らずに、わたしたちが自分自身にも、隣人にも、世界にも責任を負うことができますように。

PAGE TOP