教皇フランシスコ、2018年11月25日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年11月25日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日は、典礼暦を締めくくる「王であるキリスト」の祭日です。被造物は、行きあたりばったりに生きているのではなく、最終的な行き先に向かっていることを、この祭日はわたしたちに思い起こさせます。その行き先こそが、歴史と全被造物の主であるキリストが決定的に現れるときです。歴史の終わりには、キリストの永遠の王国が現れます。今日の福音(ヨハネ18・33-37参照)は、ゲツセマネで捕らえられた後のイエスの屈辱的な状況を描写しながら、キリストの王国、イエスの王国であるその国について語っています。イエスはしばられ、侮辱され、訴えられ、エルサレムの指導者たちの前に引き出されました。そして、ユダヤ人の王となり、ローマ帝国を脅かす者として、総督に引き渡されました。そこでピラトは審問を行い、劇的な尋問の中で「ユダヤ人の王なのか」と二度、イエスに言いました(33、37節参照)。

 イエスはまず、「わたしの国は、この世に属していない」(36節)と答え、「わたしが王だとは、あなたが言っていることです」(37節)と強調します。イエスの全生涯を見れば、政治的な野心がないことは明白です。イエスがパンを増やす奇跡を行った後に群衆が興奮し、イエスのことを、ローマ帝国を倒してイスラエル王国を再建する王と呼ぼうとしたことを思い出しましょう。しかしイエスにとって、国とはそのようなものではありません。ましてや反乱や暴力や武力によって獲得するものでもありません。だからこそイエスは、ひとりで山にしりぞいて祈っているのです(ヨハネ6・5-15参照)。イエスは、弟子たちがご自分を守るために戦うことはないことを、ピラトへの答えの中で伝えます。「もし、わたしの国がこの世に属していれば、わたしがユダヤ人に引き渡されないように、部下が戦ったことだろう」(ヨハネ18・36)。

 政治権力よりもはるかに偉大で、人間がどんな手段を講じても得られないものがあることを、イエスは教えようとします。イエスが地上に来られたのは、「神は愛」(一ヨハネ4・8)であるという福音の核心となる「真理についてあかしをすること」(37節参照)を通して、愛というその力を働かせるためです。そしてイエスは、愛と正義と平和の国をこの世に築こうとします。その国はイエスを王とする国で、終末のときまで続きます。軍事力や権力の乱用によって築かれた国は崩れやすく、遅かれ早かれ滅びることを歴史は教えています。しかし神の国は神の愛に基づいており、人々の心に根差しています。神の国は人々の心に根差しているのです。そして、その国を受け入れる人々に、平和と自由といのちの充満をもたらします。わたしたちは皆、平和を願い、自由を求め、充満を望みます。そのためにはどうしたらよいでしょうか。神の愛、神の国、イエスの愛が皆さんの心に広がるがままに任せてください。そうすれば平和と自由といのちの充満が与えられるでしょう。

 今日、イエスはご自分を「わたしたちの王」にするよう、わたしたちに求めています。その王は、ご自分のことば、模範、さらには十字架上でいけにえとなった人生を通して、わたしたちを死から救います。また、迷子になった人に道を指し示し、疑いや恐れや日々の試練のために傷ついた心に新たな光を照らします。しかし、イエスの国は、この世に属さないことを忘れてはなりません。イエスは、ときにはわたしたちの過ちや罪を通して困難な試練を課しますが、いのちに新しい意味をもたらします。ただしそのためには、この世と、この世の「王たち」の論理に従わないという条件を満たさなければなりません。

 わたしたちがイエスを自分の王として受け入れ、愛という真理をあかしすることにより、イエスの国を広められるよう、おとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP