教皇フランシスコ、2018年12月2日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年12月2日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日から待降節が始まります。待降節は降誕祭に向けて心構えをする期間であり、イエスを迎えるために目をあげ、心を開くようわたしたちを促します。待降節の間、わたしたちは降誕祭を楽しみにしながら生活するだけでなく、一貫性と勇気にあふれる選択をもって、イエスとの最終的な出会いに向けて自らを備えながら、栄光にあふれるイエスの再来――終末のときにイエスは再び来られます――を待ち望む気持ちを奮い起こすよう招かれます。わたしたちは降誕祭を思い起こし、キリストが栄光のうちに再び来られ、わたしたちとじかに会われるときを待ち望みます。その日こそが、主が呼びかけてくださるときです。

 この4週間、わたしたちはあきらめたような惰性的な生き方をやめ、希望と新たな未来への期待をはぐくみながら前に進むよう求められます。今日の福音(ルカ21・25-28、34-36参照)は、同じ方向性のもとに記されており、自己中心的な生き方や日々のせわしないペースに巻き込まれないよう警告しています。イエスのこのことばは、とりわけ心に響きます。「放縦や深酒や生活のわずらいで、心が鈍くならないように注意しなさい。さもないと、その日が不意に罠のようにあなたがたを襲うことになる……いつも目を覚まして祈りなさい」(34、36節)。

 「いつも目を覚まして祈りなさい」。これこそが今日から降誕祭までの生き方です。目を覚まして祈ってください。眠っている心は、いつも自分の周りだけを見つめ、自分自身の人生や問題、喜び、苦しみの中に閉じこもり、自分の周りしか見ないことから生じます。それにより人は疲れ果ててうんざりし、希望を失ってしまいます。それこそが、福音に記されている無気力と怠惰の根源です。待降節は、注意を怠らず、自分以外に目を向けるよう招いています。兄弟姉妹と新しい世界のニーズを受けとめるために、心を開け放つのです。それは、飢餓や不正や戦争によって苦しんでいる大勢の人々の願いであり、貧しい人、弱い人、見捨てられた人の願いでもあります。待降節は、心を開き、自分の人生をどのように、また誰のために費やすべきか、自分自身に具体的に問いかけるのにふさわしいときです。

 主を待ち望む期間にふさわしい第二の行いは、「祈ること」です。「身を起こして頭を上げなさい。あなたがたの解放の時が近いからだ」(28節)と、ルカによる福音書は警告しています。身を起こして祈りをささげ、自分の心と思いを、これから来られるイエスに向けるのです。人はなにか、もしくはだれかを待つときには身を起こします。わたしたちはイエスを待っています。そして、祈りのうちにイエスを待ちたいと望みます。祈ることと目覚めていることは密接に結びついています。祈りをささげ、イエスを待ち望み、他者に心を開き、目を覚まし、自分自身の中に閉じこもらないようにするのです。しかし、もし消費主義の観点から降誕祭を考えるなら、これをするために何を買おうかなどと考えるなら、イエスは通り過ぎてしまい、見つけることはできません。わたしたちはイエスを待ち望み、祈りのうちにイエスを待ちます。このことはつねに注意を怠らないことと密接に結びついています。

 しかし、祈りのうちに待ち望むときの地平とは、どのようなもののでしょうか。とりわけ聖書の中の預言者たちの声に、そのことが示されています。今日の朗読では、捕囚のために疲れ果て、自分自身のアイデンティティーを失いかけている民に向けたエレミヤのことばが読まれました。同じように神の民であるわたしたちキリスト者も、世俗的になり、自分のアイデンティティーを失い、キリスト者の生き方を「異教徒化する」危険に陥ります。だからこそ、預言者のことばを通して語られる神のことばが必要なのです。「見よ、わたしが、イスラエルの家とユダの家に恵みの約束を果たす日が来る、と主は言われる。……わたしはダビデのために正義の若枝を生え出でさせる。彼は公平と正義をもってこの国を治める」(エレミヤ33・14-15)。この正義の若枝こそ、これから来られるかたであり、わたしたちが待ち望んでいるイエスです。

 待ち望んで祈り、イエスへと導いてくださるおとめマリアに助けを願い求めましょう。わたしたちが御子イエスの約束のうちに希望を深めることができますように。神はつねに忠実で、人間の過ちさえもご自分のいつくしみを表すためにお使いになることを、歴史における試練から実感することができますように。

PAGE TOP