教皇フランシスコ、2018年12月9日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年12月9日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 先週の主日の典礼は、いつも目覚めていて祈りながら、すなわち「注意深さ」と「祈り」のうちに、主を待ち望みつつ待降節を過ごすようわたしたちを招きました。待降節第二主日である今日、わたしたちは回心の道をたどりながら、その期待を実現させ、具体化する方法を示されます。福音はその道案内人として、「ヨルダン川沿いの地方一帯に行って、罪の赦しを得させるために悔い改めの洗礼をのべ伝えた」(ルカ3・3)洗礼者ヨハネを登場させます。福音記者ルカは、洗礼者ヨハネの使命を明らかにするために、旧約聖書のイザヤの預言を引用します。「荒れ野で叫ぶ者の声がする。『主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ。谷はすべて埋められ、山と丘はみな低くされる』」(4-5節)。

 主が来られる道を整えるためには、洗礼者ヨハネが招いている回心に必要なことがらを心に留めなければなりません。回心するためにはどんなことが必要でしょうか。まず、冷淡さや無関心によって生じた「谷」を埋め、イエスと同じような気持ちで、つまり隣人の必要に心を傾ける、優しさと兄弟愛に満ちた心で、他の人々に心を開かなければなりません。冷い心によって生じた谷を埋めるのです。穴だらけの道を歩くことができないのと同じように、もし「穴」があったら、人は愛と思いやりと兄弟愛に満ちた関係を隣人と築くことはできません。回心するためには生きる姿勢を変えなければなりません。その際には、困窮している人々にとりわけ目を向けるべきです。そして、うぬぼれと高慢さから生じる無関心を克服しなければなりません。どれほど多くの人々が、知らず知らずのうちに高慢になり、無関心に陥り、そうした温かい結びつきを失っていることでしょう。この状態を乗り越えるためには、兄弟姉妹と和解するために具体的な行動をとり、自らの過ちに対してゆるしを求めなければなりません。相手と和解するのは容易なことではありません。「どちらが最初の一歩を踏み出すだろう」とつねに考えてしまいます。わたしたちが善意のうちにあるなら、主は助けてくださいます。回心することにより、わたしたちが自分の過ちや不信心や弱さを謙虚に認めるように導かれるのならば、その回心は完全です。

 キリスト者とは、洗礼者ヨハネのように、兄弟姉妹に寄り添うことにより、荒れ野で道を切り開く人、つまり失敗や敗北にまみれた辛い状況の中でも、希望の展望を指し示す人です。閉鎖的、拒絶的な逆境に直面しても、あきらめないでください。わたしたちの人生の中心は、イエスであり、光と愛となぐさめに満ちたイエスのことばなのですから、世俗的な考え方に屈してはなりません。イエスこそが中心です。洗礼者ヨハネは当時の人々を、力と熱意と厳格さをもって、回心へと招きました。その一方で彼は、人々に耳を傾け、優しく接し、ゆるすすべも知っていました。大勢の人々が、罪を告白し、悔い改めの洗礼を受けるために彼のもとに集まったのです。

 洗礼者ヨハネのあかしは、いのちのあかしのうちに歩む助けとなります。彼のことばの純粋さと、真理を語る彼の勇気は、長い間、眠っていた救い主への期待と希望を目覚めさせました。現代においてもキリストの弟子は、希望を再び燃え立たせるために、また、どんなことがあっても神の国は聖霊の力によって日々、築かれ続けることを伝えるために、イエスの謙虚で勇敢なあかし人となるように求められています。主の道を整えるために、どのように自分の態度を変えられるだろうかと、各自で自らに問いましょう。

 わたしたちが日々、まず自分のことから始めて、主の道を整え、強い忍耐力をもってわたしたちの周りに平和と正義と兄弟愛の種をまくことができるよう、おとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP