教皇フランシスコ、2018年12月16日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年12月16日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 待降節第三主日である今日の典礼は、わたしたちを喜びへと招きます。よく聞いてください。喜びへと招きます。預言者ゼファニヤは一部のイスラエルの民に告げました。「娘シオンよ、喜び叫べ。イスラエルよ、歓呼の声をあげよ。娘エルサレムよ、心の底から喜びおどれ」(ゼファニヤ3・14)。「喜び叫べ」、「歓喜の声をあげよ」、「喜びおどれ」。これらは今日この主日に示される招きです。聖なる都の住人は、喜ぶよう招かれます。主が彼らに対する裁きを退けたからです(15節参照)。神はゆるしてくださいました。神は罰することをお望みではありませんでした。ですから人々はもう悲しみに沈むことも、落胆することもありません。むしろすべては神への喜びに満ちた感謝の念につながります。神はご自分を愛する人々をあがない、救いたいと絶えず願っておられます。しかもご自分の民に対する主の愛は、子に対する父の愛情、花嫁に対する花婿の愛情と同じように、絶え間なく続きます。ゼファニヤが言うとおりです。「主はおまえのゆえに喜び楽しみ、愛によっておまえを新たにし、おまえのゆえに喜びの歌をもって楽しまれる」(17節)。だからこそ、降誕祭をひかえた待降節第三主日である今日は、「喜びの主日」と呼ばれるのです。

 この預言者の呼びかけは、降誕祭に備える季節である待降節にとりわけふさわしいものです。なぜなら、それはインマヌエル、「わたしたちとともにおられる神」であるイエスに当てはめることができるからです。イエスがおられることこそが、喜びの源です。預言者ゼファニヤは実に、こう宣言しています。「イスラエルの王なる主はおまえの中におられる」。そしてそのすぐ後に、繰り返します。「おまえの主なる神はおまえのただ中におられ、勇士であって勝利を与えられる」(15、17節)。この箇所は、福音記者ルカによって語られるマリアへの受胎告知の際に完全な意味を見いだします。天使ガブリエルがおとめマリアに告げたことばは、この預言者のことばを繰り返しているかのようです。天使ガブリエルは何と言ったでしょうか。「おめでとう、恵まれたかた。主があなたとともにおられる」(ルカ1・28)。天使はマリアに「喜びなさい」と告げています。ガリラヤの人里離れた村で、神は世の中にまったく知られていない少女の心に、全世界に幸せをもたらすほのかな炎を燃え立たせます。そして今日、同じ知らせが教会に届き、人々は福音を受けて受肉させ、生活の中で実践するよう求められます。イエスは教会に、わたしたち全員にこう告げます。「小さなキリスト教共同体の皆さん、喜んでください。皆さんはわたしの目には貧しく謙虚に、そして美しく見えます。皆さんはわたしの国の到来を切望し、正義に飢え渇き、辛抱強く平和の糸を織り、権力を追求せずに貧しい人に絶えず寄り添っています。ですから皆さんは何も恐れることはありません。皆さんの心は喜びで満たされます」。もしそのように生きるなら、主の現存のもとに、わたしたちの心はつねに喜びで満たされるでしょう。そこには、満ちあふれる「崇高な」喜びと、平和という日々のつつましい喜びがあります。平和はもっともささやかな喜びですが、確かに喜びなのです。

 聖パウロも今日の朗読の中で、思いわずらうのをやめ、何に対しても失望せず、「祈りと願いをささげ」(フィリピ4・6)ることにより、自分の願い、自分が必要としていること、そして自分の悩みをつねに神に打ち明けなさいと強く促しています。困難な状況にあってもわたしたちはつねに主に向かうことができること、そして主は決してわたしたちの願いを退けないことに気づくことは、喜びをもたらす大きな要因です。どんな悩みや恐れもこの平穏、すなわち人間がかかわることや、人間によるいやしによって生じる平穏ではなく、神からもたらされる平穏、神がわたしたちの人生をつねに優しく導いてくださることを知ることによって生じる平穏を乱すことはできません。このことに対する確信は、問題や苦しみのただ中でも、希望と勇気をはぐくみます。

 しかし、喜びへの主の招きを受けとめるためには、自分自身について問いかけられる人になる必要があります。これはどういう意味でしょうか。洗礼者ヨハネの説教を聞いた後の群衆のように、問いかけてください。「あなたはそのように説教されました。『では、わたしたちはどうすればよいのですか』(ルカ3・10)。わたしはどうしたらよいでしょう」。この質問は、この待降節の間にわたしたちに求められている回心の第一歩です。各自で自らに問いましょう。「わたしはどうすればよいのですか」。たとえほんの小さなことでも、「わたしは何をすべきでしょう」。そして、わたしたちの母であるおとめマリアに助けを求めましょう。これから来られる神にわたしたちが心を開き、神がわたしたちのいのちを喜びで満たしてくださいますように。

PAGE TOP