教皇フランシスコ、2018年12月19日一般謁見演説

 

教皇フランシスコ、2018年12月19日一般謁見演説

降誕祭、それは神が望まれる驚き

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、おはようございます。

 あと6日で降誕祭が訪れます。いたるところにツリーや飾りつけやライトが見られ、今年もお祝いムードが高まっているように思われます。クリスマス商戦は、相手を驚かせるような新しいプレゼントを贈るようわたしたちを仕向けます。しかし、わたしは自問します。「これは神が望まれる祝いだろうか。神が望まれる降誕祭、贈って驚かせる降誕祭とはどのようなものだろうか」。

 神が望まれるものを知るために、歴史における最初の降誕祭に目を向けましょう。史上初の降誕祭は驚きに満ちていました。まず初めに、ヨセフのいいなずけであったマリアです。天使が来て、彼女の人生を変えます。彼女はおとめのまま母親になります。ヨセフもそうです。彼は子をもうけていないのに、父親になるよう求められます。その子は、――まったく驚くことに――まずありえない時期に、つまり婚約していたマリアとヨセフが、法に従い、まだ一緒に暮らせずにいるときにもたらされました。当時の常識から考えれば、このとんでもない事態に対し、ヨセフは自分の面目を保つために、マリアと離縁しても当然のように思われました。しかし、ヨセフは正しい人であったので、驚き、そしてマリアに恥をかかせないために、たとえ自分の面目が傷ついても、彼女とひそかに別れようとします。そこにもう一つの驚きが訪れます。主の天使が彼の夢に現れ、その計画を変更してマリアを連れて行くよう彼に求めたのです。イエスが誕生した後、ヨセフは自分の家族について自分なりの考えをもっていましたが、主の天使が再び夢の中に現れ、起きてエジプトに行くよう彼に告げます。このように、降誕祭は人生に思いがけない変化をもたらします。もし、待降節を迎えたいと望むなら、人生に思いがけない変化をもたらす驚きを受け入れられるように、心を開かなければなりません。

 そして降誕祭前夜には、さらに大きな驚きが訪れます。神が幼子となられるのです。みことばが、幼子となります。幼子の文字通りの意味は、「話せないこと」です。みことばが「話せなく」なられました。救い主を迎えたのは、その時代の権力者や使節ではなく、貧しい羊飼いたちでした。彼らは夜通し働いていた際に現れた天使に驚き、急いで出かけました。このようなことを、だれが予想できたでしょう。降誕祭は、神の「比類のなさ」を祝うとき、つまり、わたしたちの論理や期待をくつがえす比類のない神をたたえるときです。

 このように降誕祭を祝うことは、地上で天の国の驚きを受けることです。天の国がこの世にその新しさを伝えているときに、「地上の生活だけにとらわれ」ることはできません。降誕祭は、新しい時代の始まりです。そこでは、いのちは計画されるものではなく、与えられるものです。そして人は自分が望むように自分のために生きるのではなく、神のために、神とともに生きます。降誕祭以降、神は「わたしたちとともにある神」となられ、わたしたちとともに生き、歩んでおられるからです。待降節を祝うことは、この思いもかけない新しさに心を揺さぶられるがままに任せることです。イエスの誕生は、暖炉のぬくもりを保障するものではなく、歴史を揺るがす聖なる震えです。降誕祭とは、傲慢に対する謙遜の勝利、裕福さに対する慎ましさの勝利、騒がしさに対する静けさの勝利、「自分の時間」に対する祈りの勝利、自己に対する神の勝利です。

 降誕祭を祝うことは、わたしたちのような困窮している者のために来られ、わたしたちを必要としている人々のために身を低くされたイエスのように行うこと。マリアのように、たとえ神のわざが理解できなくても、神を従順に信頼すること。そしてヨセフのように、たとえ自分の計画に沿っていなくても、神が望まれることをするために目覚めることです。聖ヨセフは驚くべき人です。彼は福音書の中で決して話しません。福音書の中にヨセフのことばは一つもありませんし、主は沈黙のうちに、彼が眠っているときに彼に語りかけます。降誕祭は、消費主義の騒音よりも、神の静かな声を好みます。ご降誕の場面の前で沈黙することができるなら、わたしたちにとっても、降誕祭はこれまでとは異なる、驚きに満ちたものとなるでしょう。沈黙のうちにご降誕の場面の前に立つこと。これが降誕祭にお願いしたいことです。しばらくの間、黙ってその前にたたずんでください。そうすれば、皆さんもその驚きを感じ、理解することでしょう。

 しかし残念なことに、人は天の国の新しさよりも、地上のありきたりなものを好み、間違ったかたちで祝ってしまいます。もし降誕祭が、主ではなく自分たちを中心とした、単なる従来通りの華やかな宴会となるなら、それは無意味なことです。世俗的に降誕祭を祝うのはやめましょう。「自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった」(ヨハネ1・11)と主が当時、言っておられたような、祝われる当人を脇に追いやる行為はやめましょう。「放縦」や「生活の煩い」(ルカ21・34)によって心が鈍くならないよう、主は待降節の第一主日の福音の中で警告しています。この時期、わたしたちはおそらく一年中でもっとも忙しくなります。しかしそれは、イエスが望んでおられることの正反対です。わたしたちはその日を埋め尽くす多くのことがらや、急速に変動する世界のせいにします。しかしイエスは、この世のせいにはしませんでした。イエスはその中に巻き込まれずに、いつも目を覚まして祈るよう促しました(36節参照)。

 もし、ヨセフのように沈黙し、マリアのように「はい」と神に答え、イエスのように孤独な人に寄り添い、羊飼いのようにイエスとともに生きるために自分の囲いから出るなら、降誕祭は訪れます。もし、ベツレヘムの貧しい洞窟に光を見いだすなら、降誕祭は訪れます。しかしもし、世俗のきらびやかな輝きを探し求めるなら、また、贈り物や昼食や夕食に満足していても、神の似姿であるもっとも貧しい人を助けなければ、降誕祭は訪れません。神は降誕祭に、貧しい人として来られるからです。

 兄弟姉妹の皆さん、よい降誕祭をお迎えください。イエスの驚きに満ちた降誕祭を。それは、心地よい驚きではないかもしれませんが、神が望まれる驚きです。わたしたちの心には、自らを驚かせる力が秘められています。降誕祭には、イエスによる驚きに身をゆだねましょう。

PAGE TOP