教皇フランシスコ、2018年12月23日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年12月23日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 待降節第四主日の今日の典礼は、救い主イエスを身ごもった聖母マリアの姿に焦点を当てています。信仰と愛の模範であるマリアを見つめ、マリアが身ごもっていた歳月に何を考えていたか、自分自身に問いかけましょう。その答えはまさに、マリアが年上の親類エリザベトを訪問したときのことが記されている、今日の福音朗読にあります(ルカ1・39-45参照)。天使ガブリエルは、年上の親類のエリザベトは身ごもってからもう六か月になっていると、マリアに告げました(ルカ1・26、36参照)。そこでマリアは、神の力によってイエスを身ごもったばかりでしたが、彼女に会うためにガリラヤのナザレから、山里のユダの町に急いで向かいました。

 福音書には、マリアは「ザカリアの家に入ってエリサベトにあいさつした」(40節)と記されています。もちろんマリアとエリザベトは、互いに相手が身ごもったことを祝いました。そしてエリザベトは、「あなたは女の中で祝福されたかたです。胎内のお子さまも祝福されています。わたしの主のお母さまがわたしのところに来てくださるとは、どういうわけでしょう」(42-43節)と言い、そのすぐ後にマリアの信仰をたたえます。「主がおっしゃったことは必ず実現すると信じたかたは、なんと幸いでしょう」(45節)。エリザベトの夫ザカリアとマリアは、明らかに対照的です。マリアは信じましたが、ザカリアは疑いを抱き、天使の約束が信じられなかったので、ヨハネが生まれるまで口が利けなくなりました。このように対照的です。

 この箇所は、神と人間の出会いの神秘を、極めて特別な光のもとに説明しています。その出会いは、驚くような奇跡ではなく、信仰と愛の表れです。マリアは信じたからこそ、祝福されます。神との出会いは信仰の実りです。一方、ザカリアは疑いを抱き、信じなかったために口が利けなくなり、話すことができなくなりました。それは、長い沈黙の時間に、信仰をはぐくむためです。信仰がなければ、人は必然的に、神のいつくしみ深いことばに対して何も言えなくなり、兄弟姉妹になぐさめと希望にみちたことばをかけることもできなくなります。わたしたちが日々、目にしているように、無信仰もしくは、ほとんど信仰のない人が苦しんでいる人のもとに行き、その場にふさわしいことばをかけても、そのことばには力がないので、相手の心に触れることはできません。信仰がないので、力がないのです。信仰がなければ、相手の心に触れることばを見つけることができません。信仰は、それ自体、愛によってはぐくまれます。「マリアは出かけて、急いで」(39節)エリザベトのもとに向かったと、福音記者は記しています。戸惑いも、不安も抱かず、急いで出発しました。平和のうちに急いで向かいました。「マリアは出かけました」。これは思いやりにあふれる行いです。マリアは自宅に留まり、わが子の誕生に備えることもできました。しかし、そうではなく自分より前に他の人々のことを気づかうことにより、自分の胎に宿している主に従う弟子に、もうすでになっています。イエスの誕生は、このように、ごく自然な愛のわざによって始まります。つまり、真の愛はつねに神の愛の実りなのです。

 今日のミサで読まれた、マリアのエリザベト訪問に関する福音は、信仰と愛の躍動を伝えることにより、降誕祭を正しく迎える心構えをさせてくれます。その躍動は聖霊の働き、すなわちマリアのおとめの胎を身ごもらせ、年上の親戚のために尽くすために急ぐようマリアを駆り立てた愛の霊のわざです。この二人の母親の出会いに表れているように、その喜びに満ちた躍動は、ご自分を信頼する小さい者に偉大なことをしてくださる主をたたえる、歓喜の賛歌にほかなりません。

 おとめマリアが、外に向けた降誕祭、分散させるという意味ではなく、外に向けた降誕祭を迎える恵みを、わたしたちのために受けてくださいますように。「わたし」を中心にするのではなく、イエスという「あなた」、兄弟姉妹、とりわけ救いの手を必要としている人々という「あなた」を中心とすることができますように。そうすれば、今も人となって来られ、わたしたちの中に生きたいと望んでおられる、愛である神を迎えることができるでしょう。

PAGE TOP