教皇フランシスコ、降誕祭メッセージ(ローマと全世界へ)(2018.12.25)

 

教皇フランシスコ、2018年12月25日降誕祭メッセージ(ローマと全世界へ)

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、クリスマスおめでとうございます。

 ローマの信者の皆さん、巡礼者の皆さん、そして世界各地からわたしたちとつながっている皆さん、わたしはベツレヘムの喜びの知らせを繰り返し唱えます。「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、み心にかなう人にあれ」(ルカ2・14)。

 最初に洞窟に到着した羊飼いたちのように、神が与えてくださったしるしの前で驚きのうちにたたずみましょう。「布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子」(ルカ2・12)。沈黙のうちにひざまずき、おがみましょう。

 わたしたちのためにおとめマリアから生まれた幼子は何を語りかけているでしょう。クリスマスが伝える普遍のメッセージとは何でしょう。神は優しい父親であり、わたしたちは皆、兄弟姉妹であると語りかけています。

 この真理は、人間についてのキリスト教的視点の礎です。イエス・キリストが与えてくださった兄弟愛なしには、より公正な世界を築こうとするわたしたちの努力は実らず、最善の計画さえもむなしく活力のない状態に陥ってしまう危険があります。

 したがってわたしはクリスマスのあいさつを喜びのうちに述べるにあたり、兄弟愛を祈り求めます。

 すべての民族と文化の人々の間の兄弟愛。

 異なる考えを抱いていても、互いに尊重し、耳を傾けることのできる人々の間の兄弟愛。

 多様な宗教を信じる人々の間の兄弟愛。イエスはご自分を捜し求めるすべての人に神のみ顔を示すために来られました。

 そして神のみ顔は、実際に人間の顔に現れました。天使のうちにではなく、ある時、ある場所で生まれたかたに現れました。神の御子がご自分の受肉のうちにわたしたちに示しているのは、愛と受容、さらにはわたしたちの貧しい人間性の尊重によって、救いはもたらされるという事実です。わたしたちはその人間性を、多種多様な民族、言語、文化の中で共有しています。わたしたちは皆、人間性において兄弟姉妹です。

 ですから、わたしたちの間の相違は不利益でも危険でもなく、豊かさです。芸術家がモザイクを制作しようとするときのように、多彩な色の石があったほうが、少ないよりずっと良いのです。

 家族としての体験は、わたしたちにこのことを示してくれます。兄弟や姉妹の間で、わたしたちは互いに違っていて、いつも意見が合うわけではありません。それでも切り離せないきずながわたしたちを結びつけ、両親の愛が互いに愛し合う助けとなっています。同じことが人間家族にもいえます。ただしそこでは、神こそが「父親」であり、わたしたちの兄弟愛の土台と力となっています。

 このクリスマスに、わたしたちが兄弟愛のきずなを再び見いだし、そのきずながわたしたちを人類として一致させ、すべての人を結びつけますように。イスラエルとパレスチナが対話を再開し、ともに平和への道を歩み、紛争に終止符を打つことができますように。この紛争は70年以上も続き、主が愛のみ顔を示すために選んだ聖地を傷つけています。

 苦境にある最愛の国シリアが、長年にわたるこの戦争の末に兄弟愛を取り戻すことができるよう、幼子イエスが助けてくださいますように。国際社会が、分裂や利害関係を克服するための政治的解決策に決然と力を注ぎ、それによりシリアの人々、とくに祖国を後にして他の土地に逃れざるを得ない人々が母国に戻り、平安のうちに生活できるようになりますように。

 わたしはイエメンに思いを寄せます。国際社会の仲介によって休戦が実現し、戦争と飢饉に疲弊しきった多くの子どもや市民に、最終的に救援の手が及びますように。

 アフリカのことも考えます。そこでは無数の人々が難民や避難民となり、人道支援と食糧の確保を必要としています。平和の君である幼子イエスが武力衝突をしずめ、全大陸に兄弟愛の新しい夜明けをもたらし、政治的、社会的レベルでの和解への道の促進に向かって働く人々の努力を祝福してくださいますように。

 降誕祭が朝鮮半島を一致させる兄弟愛のきずなを強め、始まったばかりの歩み寄りの行程を継続させる助けとなりますように。また、すべての人の発展と幸せを保障する共同の解決策が合意に達しますように。

 この祝福の時に、ベネズエラが一致を回復し、社会のすべてのメンバーが国家の発展のために兄弟愛をもって働き、国民の中で最も弱い立場に置かれている人々を助けることができますように。

 お生まれになった主が、最愛の国ウクライナに安らぎを与えてくださいますように。ウクライナは、なかなか実現できない持続的な平和が回復されることを切望しています。全国民の権利を尊重する平和が訪れてはじめて、国家はこれまでの苦しみから立ち直り、自国民にふさわしい生活環境を取り戻すことができます。わたしは現地のキリスト教共同体と心を合わせ、兄弟愛と友情に満ちた結びつきを築くことができるよう祈ります。

 幼子イエスの前で愛すべきニカラグアの人々が、兄弟姉妹の関係を回復しますように。分裂や不和がはびこる状態ではなく和解を実現させるために、すべての国民が努力し、ともに自国の未来を築き上げることができますように。

 イデオロギーや文化、経済における植民地化により、自分の自由とアイデンティティーを傷つけられた人々、さらには飢餓と、教育や医療サービスの欠如のために苦しんでいる人々のことも思い起こしたいと思います。

 主の降誕を苦しい状況の中で、とりわけキリスト教共同体が少数派であり、敵対視されないまでも、しばしば弱い立場に置かれたり無視されたりしている状況の中で祝っている兄弟姉妹に、わたしはとりわけ思いを寄せます。主がその人たちと全ての少数派の人々を平和のうちに生活させ、彼らの権利、特に信教の自由に関する権利を回復させてくださいますように。

 今、飼い葉桶の中におられる小さく寒さに震える幼子イエスが、地上のすべての子どもたちと、弱くて無防備で、排除されているすべての人を守ってくださいますように。救い主の誕生によってすべての人が平和と慰めを受け、唯一の天の御父に愛されながら、兄弟姉妹であることを再認識しつつ生きることができますように。

PAGE TOP