教皇フランシスコ、2018年12月30日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2018年12月30日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 「聖家族の祝日」である今日の典礼は、無限の愛によって結ばれ、神への深い信頼によって導かれた、マリアとヨセフとイエスの体験について考えるようわたしたちを招いています。今日の福音(ルカ2・41-52参照)は、過越祭を祝うために、ナザレからエルサレムに旅する聖家族について記しています。しかし、帰路についたとき、両親は12歳の少年イエスが道連れの中にいないことに気づきます。彼らは心配しながら三日間、探した末、神殿の中で学者たちの真ん中に座り、話を聞いたり質問したりしているわが子を見つけます。マリアとヨセフは息子を見つけて「驚き」(48節)、マリアは自分たちが心配していたと、イエスに訴えます。「お父さんもわたしも心配して捜していたのです」(同)。

 驚き――彼らは「驚きました」――と、不安――「お父さんもわたしも心配していたのです」――、この二つの要素に注目していただきたいと思います。驚きと不安です。

 ナザレの聖家族の中で、驚きが消えることは決してありませんでした。イエスの行方が分からくなったときもそうでした。それは、徐々に行われる神の子の啓示に驚く力です。神殿にいた学者たちも、「イエスの賢い受け答えに」(47節)同じ驚きを覚えました。それでは、驚きとは何でしょうか。驚くことは何を意味するのでしょう。驚くこと、驚嘆することは、何でも当たり前であると考えることと相反します。それは、自分の基準だけに従って、周囲の現実や歴史的な出来事を解釈することとは正反対です。そのような人は、何が驚きであり、驚嘆であるかを知りません。驚くことは、他の人々に心を開き、その人々の言い分を理解することです。こうした姿勢は、傷ついた人間関係をもと通りにするために重要であり、家庭内の傷口をいやすためにも不可欠です。家庭内で問題が生じると、わたしたちは自分が正しいと思い込み、他の人々への扉を閉ざしてしまいます。そうではなく、「この人の良いところは何だろう」と考え、その「良い面」に驚くことが大切です。それは、家族が一つになるための助けとなります。もし家庭で問題が生じたら、問題となっている家族当人のよい面について考え、それに対して驚いてください。そうすれば、家族の傷は少しでも早くいやされるでしょう。

 この福音から学ぶべき第二の要素は、イエスの行方が分からなくなったときに、マリアとヨセフが感じた不安です。その不安は、聖家族の中ではイエスが中心であることを物語っています。マリアとその夫は、御子を受け入れ、守り、彼らのもとで御子が年を重ね、知恵と恵みをはぐくむさまを見守りました。御子はとりわけ彼らの心配りの中で成長しました。そして、御子に対する彼らの愛情と理解も徐々に深まりました。ナザレの聖家族が神聖なのは、イエスを中心としているからです。マリアとヨセフの視線と心遣いは、完全にイエスに向けられていました。

 イエスの行方が分からなくなったこの三日間に彼らが感じた不安は、わたしたちがイエスから離れたときの不安と同じものであるべきです。三日以上イエスのことを忘れ、祈らず、福音書も読まず、イエスの現存とイエスとのいやしに満ちた結びつきの必要性を感じなかったら、不安を感じるに違いありまりません。イエスのことを思わずに、何日も過ごすこともあります。これはよくないことです。非常に悪いことです。そのようなことが起こったら不安にならなければなりません。マリアとヨセフはイエスを探し、神殿で教えているイエスを見つけました。わたしたちにとって、聖なる師に出会い、その救いの知らせを受けることができるのは神の家にほかなりません。ミサには、生きているキリストがおられ、わたしたちに語りかけ、みことばを授け、わたしたちを照らし、わたしたちの道を明るくし、ご聖体のうちにご自分のからだを与えてくださいます。わたしたちはそこから、日々の問題に立ち向かう力を得るのです。

 今日は驚きと不安という二つのことばを携えて家に帰りましょう。相手の中に良い面を見いだしたときに、自分は驚くことができるだろうか。それにより家族の問題を解決することができるだろうか。イエスから離れたら自分は不安になるだろうか。

 世界中の家族、とりわけさまざまな理由により平和と調和が失われている家族のために祈りましょう。そして彼らを、ナザレの聖家族の保護にゆだねましょう。

PAGE TOP