教皇フランシスコ、2019年1月6日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年1月6日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日、主の公現の祭日は、光によって象徴されるイエスが現れたことを祝う日です。預言書はこの光のことを約束しています。その光を約束しています。実際、預言者イザヤはエルサレムの人々にこう告げています。「起きよ、光を放て。あなたを照らす光は昇り、主の栄光はあなたの上に輝く」(60・1)。預言者のこの招き――光がさしたから起きよ――は、驚きを伴ったと思われます。そのことばは、人々が苦しい捕囚生活を体験し、何度も抑圧された後に告げられたからです。

 この呼び声は今も、イエスの誕生を祝ったわたしたちの内に響き、ベツレヘムの光が届くがままに任せるよう招きます。わたしたちも、出来事の外見をとらえるだけにとどまらずに、もう一度出直し、人間として、信者として新たに旅立つよう招かれています。

 イザヤによって預言された光は、福音書に現れ、人々に届きます。ダビデの町であるベツレヘムで生まれたイエスは、遠近を問わずすべての人に救いをもたらすために来られました。福音記者マタイは、イエスと出会い、イエスの誕生に応じるしかたをいくつか示しています。たとえば、ヘロデとエルサレムの律法学者たちは、かたくなな心で幼子イエスの到来を強硬に拒否します。光に対して自らを閉ざすことも、一つの選択肢です。彼らは――現代においても――、イエスの到来に恐れを抱き、困窮する兄弟姉妹に心を閉ざす人々を表します。ヘロデは権力を失うことを恐れ、人々にとって本当に良いことではなく、自分に有利なことを考えます。律法学者や祭司長たちは、自分たちが確証できることの先を見通すことができずに恐れ、そのためにイエスの内にある新しさを理解できません。

 一方、占星術の学者たちの体験はまったく違います(マタイ2・1-12参照)。東方から来た彼らは、ユダヤ人の伝統的な信仰からかけ離れた人を表します。それでも彼らは、星によって導かれながら長く危険な旅を続け、目的地に到着して救い主の真理を知ります。彼らは「新しさ」に対して開かれていました。だからこそ、「人となられた神」という歴史上もっとも偉大で、驚きに満ちた新しさが、彼らに明かされたのです。彼らはイエスの前にひれ伏し、黄金、乳香、没薬という象徴的な贈り物をします。主を探し求めるためには、道中の忍耐力だけでなく、寛大な心も必要です。そして彼らは最後に、「自分たちの国へ」(12節)帰って行きます。福音書には、彼らは「別の道を通って」帰ったと記されています。兄弟姉妹の皆さん、人はイエスと出会うたびに、道を変え、別の道を通って生活に戻ります。「別の道をたどり」、新しくされて戻ります。彼らは、つつましく貧しい王の神秘を心に宿しながら、「自分たちの国へ」戻りました。彼らは自分たちの体験をあらゆる人に告げたことでしょう。キリストの内におられる神によってもたらされる救いは、遠近を問わず全人類に向けられています。幼子イエスを「独り占め」することはできません。幼子イエスは、すべての人への贈り物だからです。

 少しの間、沈黙して、ベツレヘムから差し込むイエスの光に照らされましょう。恐れによって、自分の心を閉ざさずに、柔和で繊細なその光に自らを開け放つ勇気をもちましょう。そうすればあの占星術の学者たちのように、わたしたちも「喜びにあふれ」(10節)るでしょう。その喜びを自分だけのもとにとどめておくことはできません。わたしたちをイエスへと導く星であり、占星術の学者とすべての来訪者にイエスを見せてくださる母であるおとめマリアが、その旅路を支えてくださいますように。

PAGE TOP