教皇フランシスコ、2019年1月20日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年1月20日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 主の洗礼の祝日である先週の主日に、典礼暦における「年間」が始まりました。この期間は、ご自分の使命を公生活で果たしておられるイエスに従うときです。イエスはその使命のために御父によってこの世に遣わされたのです。今日の福音朗読(ヨハネ2・1-11参照)では、イエスの最初の奇跡が語られました。ガリラヤのカナという村で、婚礼の最中に、最初の奇跡が行われます。イエスの公生活の始めに婚礼があることは、偶然ではありません。神はイエスにおいて、人間と婚姻を結ばれたからです。招待者は御子がテーブルについていることも、御子こそが真の花婿であることも知りませんが、それはよい知らせです。カナの奇跡で起こったすべてのことは、花婿である御子イエスが現れ、ご自身のことを伝え始めたことを基盤としています。預言者たちが予告したように、イエスは神の民の花婿として現れ、ご自分にわたしたちを結びつけるきずなの根底にあるもの、すなわち愛という新しい契約を明らかにします。

 この契約に照らして考えれば、この奇跡の中心であるぶどう酒という象徴を十分に理解することができます。婚宴が盛り上がり、ぶどう酒が足りなくなります。聖母マリアはそのことに気づき、「ぶどう酒がなくなりました」(3節)とイエスに言います。水を飲んで婚宴を続けるなどもってのほかです。それは、みっともないことです。マリアは母として、すぐにイエスに向かいます。旧約聖書、とくに預言書は、救い主の宴会の典型的な要素としてぶどう酒を示しています(アモス9・13-14、ヨエル2・24、イザヤ25・6)。水は生きるために欠かせません。一方、ぶどう酒は祝宴の豊かさと喜びを表します。ぶどう酒のない宴会など考えられません。「ユダヤ人が清め」(6節)――家に入る前に身を清める習慣がありました――のために用いる水がめの中の水をぶどう酒に変えることにより、多くを語るしるしが、イエスによって行われます。モーセのおきてを、喜びを伝える福音へと変えたのです。

 次に、マリアに目を向けましょう。マリアが召し使いたちに言ったことばは、カナの婚宴の頂点です。「この人が何か言いつけたら、そのとおりにしてください」(5節)。今日でもマリアは「この人が何か言いつけたら、そのとおりにしてください」とわたしたちに語りかけています。このことばは、わたしたちの母であるマリアが残してくださった大切な遺産です。そして召し使いはその通りにします。「イエスが、『水がめに水をいっぱい入れなさい』と言われると、召し使いたちは、かめの縁まで水を満たした。イエスは、『さあ、それをくんで宴会の世話役のところへ持って行きなさい』と言われた。召し使いたちは運んで行った」(7-8節)。新しい契約は、まさにこの婚宴で交わされます。そして、「この人が何か言いつけたら、そのとおりにしてください」という新しい使命が、主の召し使いたち、すなわち教会全体に託されます。主に仕えることは、主のことばを聞き、実践することです。これはイエスの母マリアからの分かりやすく、本質的な助言です。これこそが、キリスト者の生活の基本方針です。

 ここで、わたしたちの大半が人生の中で体験することについて考えたいと思います。困難な状況に直面したら、解決できない問題が生じたら、不安や苦悩に陥ったら、喜びを失ったら、聖母マリアのもとに行ってこう言いましょう。「ぶどう酒が足りません。ぶどう酒がなくなりました。わたしの状態を見てください。わたしの心、魂を見てください」。そうすればマリアはイエスのもとに行って、「この人を見てください。この人にはもうぶどう酒がありません」と言ってくださるでしょう。そしてマリアはわたしたちのもとに戻り、「この人が何か言いつけたら、そのとおりにしてください」と言うでしょう。

 わたしたち一人ひとりにとって、水がめから汲むことは、神の恵みを人生の中で味わうために、みことばと秘跡に身をゆだねることです。わたしたちも、ぶどう酒に変わった水を味見した世話役と同じように、「あなたは良いぶどう酒を今まで取って置かれました」(10節)と言うことができます。イエスはいつもわたしたちを驚かせてくださいます。聖母マリアに語りかけましょう。そうすれば、マリアは御子に語りかけ、御子はわたしたちを驚かせてくださるでしょう。

 「この人が何か言いつけたら、そのとおりにしてください」という呼びかけに応えられるよう、おとめマリアが助けてくださいますように。それによりわたしたちが、イエスに完全に心を開き、イエスが生きてそこにおられるしるしを日常生活の中で感じることできますように。

PAGE TOP