教皇フランシスコ、2019年1月30日一般謁見演説

 

教皇フランシスコ、2019年1月30日一般謁見演説
パナマへの司牧訪問

兄弟姉妹の皆さん、おはようございます。

 今日は先日のパナマへの司牧訪問について考えます。主がパナマの教会と人々にこの恵みをお与えになったことを、ともに感謝しましょう。パナマの大統領と政府当局、司教団に感謝の意を表します。また、膨大な数のボランティアの皆さんの温かく親身なもてなしにも感謝します。わたしを迎えるために、いたるところで立ち回ってくださった方々にも、同じような信仰と熱意が感じられました。心に強く残ったことが一つあります。人々がわが子を抱き上げ、教皇専用車が通るとその子を高く掲げていたのです。まるで「この子はわたしの誇りです。わたしの未来です」と言っているかのようでした。大勢の人々がそのようにわが子を掲げていました。その子のことを誇りに思っていたのです。わたしは、このしぐさは非常に貴いものであると感じました。人口問題を抱え、冬のような状態を体験しているここ欧州に比べて、なんと色彩にあふれる光景でしょう。子どもたちは家族の誇りです。人口が減少し、子どものいない冬のような情景は、どんなに閑散としていることでしょう。

 この訪問はワールドユースデーに参加するためのものでしたが、その間には、若者との集いだけでなく、パナマの政府当局、司教団、若い受刑者、養護関係者、介護施設との会合も行われました。すべてが若者の喜びに「染まり」、「つながって」いるように思われました。それは彼らの、パナマの、そして多くの悲劇を体験し、希望と平和と正義を求めている中央アメリカのすべての国の祭典でした。

 ワールドユースデーに先立ち、先住民族とアフリカ系アメリカ人の若者の集いも行われました。先住民族とアフリカ系アメリカ人の若者の間で5日間、交流が行われたことはすばらしいことです。ラテンアメリカには彼らのような若者が大勢います。ワールドユースデーの扉を開いたのは彼らです。その集いは、ラテンアメリカの教会が直面している多様性を雄弁に物語る重要な行事でした。ラテンアメリカには多くの民族が混在しています。世界中から団体が到着することにより、さまざまな顔と言語によって奏でられる壮大な交響曲が、まるでこの行事を象徴するかのように鳴り響きました。一つにつながれた各国の旗が、出会いに喜ぶ若者の手によって振られる姿は、敵意に満ちたナショナリズムに傾倒し、壁を築き、普遍性と出会いに閉ざされがちな現状に立ち向かう、預言的なしるしです。それは、若いキリスト者こそが、世界平和のパン種であることを表すしるしです。

 おとめマリアが天使に言ったことば、「わたしは主のはしためです。おことばどおり、この身になりますように」(ルカ1・38)をテーマとするこのワールドユースデーは、マリアに焦点を当てていました。五大陸から集まった若者の代表たちがこのことばを唱えるのを聞き、顔を輝かせる様子を見るのはすばらしいことでした。神に「はい」と答えることのできる新世代がいるかぎり、世界には未来があります。

 ワールドユースデーの大会では、必ず十字架の道行が行われます。十字架を背負うイエスの後をマリアとともに歩くことは、キリスト者としての生き方の学びやです。わたしたちはそこで、忍耐強く静かで、具体的な愛を学びます。ここで少しわたしのことをお話しましょう。わたしは十字架の道行が大好きです。イエスの後をマリアとともに歩いているように感じられるからです。わたしはブエノスアイレスで、ある崇高なかたから、どこでも読めるような十字架の道行のポケット版を頂きました。そして、時間があるときには、十字架の道行をたどっています。十字架の道行とは、イエスがわたしたちと、わたしたちのあがないのためにご自分のいのちをささげた場で、十字架の道をマリアとともにイエスに従って歩くことなのですから、皆さんも行うべきです。十字架の道行によって、わたしたちは忍耐強く、静かで具体的な愛を学びます。パナマでは若者が、中央アメリカと全世界で大勢の兄弟姉妹が被っている苦境という重荷を、イエスとマリアとともに背負いました。その兄弟姉妹の中には、さまざまなかたちの隷属関係と貧困の犠牲となっている多くの若者が含まれています。この意味で、未成年者のためのリハビリセンターでささげた和解のミサと、HIV感染者とエイズ患者のための養護施設「よいサマリア人」への訪問は極めて重要なものでした。

 ワールドユースデーと今回の訪問のクライマックスは、若者とともに行った前晩の祈りとミサでした。前晩の祈りの会場となった広場は、参加者の若者で埋め尽くされました。彼らはそこで眠り、朝の8時にミサに参加しました。すべての若者は、熱意にあふれながらも、静かに耳を傾けることができました。前晩の祈りでは、彼らと活気にあふれる対話を改めて行うことができました。彼らは熱心に耳を傾け、静かに祈りました。わたしはマリアについて話しました。マリアは小さな者でしたが、ほかのだれよりも世界の歴史に「影響を与えました」。わたしたちはマリアのことを「神のもとに影響を与えるかた」と呼びました。何人かの若者の美しく、力強いあかしには、マリアの「おことばどおり、この身になりますように」ということばが映し出されていました。最終日となった主日の朝の盛大なミサでは、復活したキリストが、聖霊の働きを通して世界中の若者に新たに語りかけ、今このときに福音を生きるよう招いていました。若者は教会と世界の「明日」ではなく、「明日」のための「今日」です。「いつかそのうち」ではなく「今、このとき」です。また、新世代が導き、仕事、そして共同体と家庭を失わないよう、大人たちにも呼びかけました。今、この世界では、それらが失われつつあるので、このことは極めて重要です。導きとは教育です。仕事については、どれほど多くの若者が失業していることでしょう。共同体については、若者たちが家庭と社会の中に受け入れられていると感じられるよう願います。

 中央アメリカの全司教との会議は、とりわけ慰めに満ちたときでした。わたしたちはともに、聖オスカル・ロメロ大司教のあかしに導かれ、「教会とともに耳をかたむける」――彼のモットーでした――すべを学びました。それは自分の周りにいる若者、貧しい人、司祭、神の聖なる民に耳をかたむけることです。

 修復されたパナマの大聖堂の祭壇の祝福にも、大きな象徴的な価値がありました。この大聖堂は7年もの間、修復のために閉ざされていました。それは、神の栄光のために、神の民の信仰と記念のために、美が再び見いだされたことを表すしるしです。祭壇を祝福した香油は、受洗者、堅信者、司祭、司教に塗油するものと同じです。パナマと全世界の教会の家族が、さらに新しい実りを聖霊から授かることができますように。それにより、イエス・キリストの若い宣教者たちの巡礼の旅がこれからも続き、地上全体に渡りますように。

PAGE TOP