教皇フランシスコ、2019年2月3日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年2月3日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 先週の主日の典礼では、イエスがナザレの会堂で預言者イザヤの書を読み、そのことばは「今日」ご自身のうちに実現したと最後に宣言したことが示されました。イエスはご自身のことを主の霊が宿る者、聖霊によって聖別され、人間のために救いの使命を果たすよう遣わされた者として示します。それに続く今日の福音箇所(ルカ4・21-30参照)には、イエスの故郷の人々の驚きが記されています。同郷人の一人で、「ヨセフの子」(22節)であるイエスが、自分は御父の使者、キリストであると宣言したからです。

 イエスは、人の気持ちと心を読み取ることができるので、同郷の人々の思いをすぐに理解します。イエスも自分たちの仲間の一人なのだから、あの驚くような「主張」を通すためには、隣国でしたように(23節参照)、ここナザレでも奇跡を行わなければならないと、彼らは思っています。しかしイエスはその考え方を受け入れられませんし、そうしようともしません。それは神のみ旨にかなっていないからです。神は信仰をお求めになりますが、彼らは奇跡、しるしを求めます。神はあらゆる人を救いたいと望まれますが、彼らは自分たちのためになる救い主を求めます。イエスはこのことを説明するために、ユダヤ人以外の異邦人であっても、神のことばを信頼している人々をいやし、救うために神がお遣わしになった、エリヤとエリシャという二人の偉大な預言者の例をあげます。

 救いは無償ですべての人に与えられることを受け入れるよう求める招きに対して、ナザレの人々は憤り、攻撃的にすらなります。「総立ちになって、イエスを町の外へ追い出し、……山の崖まで連れて行き、突き落とそうとした」(29節)ほどです。最初の賛美は、イエスへの攻撃と敵意に変わります。

 この福音箇所が伝えているように、イエスの公生活は、皮肉にも同郷の人々の拒絶と殺意から始まります。イエスは、御父から託された使命を実践しており、ご自身が疲労、拒絶、迫害、敗北に直面しなければならないことをよく知っています。現在と同様、過去においても、真の預言は必然的に代償を伴います。しかし、イエスは激しく拒絶されても、決してくじけません。イエスの預言的な行いの歩みも、その実りも、止まることはありません。イエスは御父の愛を信じ、立ち去ります(30節参照)。

 現代社会も、主の弟子のうちに預言者を見いだすことを必要としています。主の弟子とは、キリスト者としての召命に勇気と忍耐力をもって応える人、貧しい人や疎外されている人に希望と救いを告げるために遣わされた聖霊の「導き」に従う人、奇跡ではなく信仰に基づく考え方に従う人、さらには特権を主張したり、人を排除したりせずに、すべての人のために奉仕しようとする人です。つまり、御父のみ旨を心に受け入れ、それを他者に対して忠実にあかしできる人です。

 イエスの公生活を支えたみ国への献身的な情熱と同じ熱意をもって、わたしたちが成長し、前進することができるよう、聖母マリアに祈りましょう。

PAGE TOP