教皇フランシスコ、2019年2月17日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年2月17日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読は、ルカによる福音書の中にある真福八端に関する箇所です(6・17、20-26参照)。本文は、四つの幸いと、「不幸である」という表現で示される四つの勧告によって成り立っています。イエスは、強く険しいことばを用いることにより、わたしたちの目を開き、ご自身がご覧になるように、外観や表面より奥を見られるようにしてくださいます。そして、信仰をもって物事を識別するすべを教えてくださいます。

 イエスは、貧しい人、飢えている人、泣いている人、迫害されている人は幸いであると宣言し、富んでいる人、満腹している人、笑っている人、ほめられる人は不幸であると叱責します。神は苦しんでいる人々に寄り添い、それらの人々を苦役から解放するために働いておられるので、真福八端はこのように逆説的なのです。イエスは、恵まれない現実の先にある幸せをすでに見通しています。また、現時点でうまくやっている人々が、まだ時間のあるうちに利己主義という危険な思い違いから「脱し」、愛の論理を受け入れられるようにするために、彼らに対して「不幸である」ということばを使っているのです。

 今日の福音朗読は、主を完全に信頼することに基づく信仰を抱くことの奥深い意味について考えるよう、わたしたちを招いています。それは生きておられる真の神に心を開くために、世俗的な偶像を退けるということです。神だけが、心の底から求めてもとても到達できない充足感をわたしたちの人生に与えることがおできになります。兄弟姉妹の皆さん、現代にも、幸せをもたらすかのように装うものがたくさんあります。それらは、すぐにでる結果、莫大な利益、そしてどんな問題も魔法のように解決することを約束します。こうして、知らず知らずのうちに、偶像崇拝という十戒の第一のおきてに反する罪をいとも簡単に犯してしまいます。それは偶像が神にとって代わることです。偶像崇拝や偶像は別の時代のもののように思えますが、どの時代にも存在しています。それらは多くの社会学の研究よりも巧みに、現代のある種の状態を説明します。

 だからこそ、イエスは現実に向けてわたしたちの目を見開かせてくださるのです。わたしたちは幸いな人、祝福された人になるよう招かれています。わたしたちは神をたたえ、み国をたたえ、その場限りのものではなく、永遠に続くものをたたえるときに幸せになります。神の前で自分は乏しい者であることを認めるならば、幸せになります。これはとても重要なことです。「主よ、わたしにはあなたが必要です」。主のように、主とともに、貧しい人、苦しんでいる人、飢えている人に寄り添うなら、わたしたちは幸せになります。神の前では、わたしたちも貧しい者、苦しんでいる者、飢えている者なのです。たとえ世俗の富をもっていても、それらを崇拝したり、それらに魂を売ったりせずに、兄弟姉妹と分かち合えるなら、わたしたちは喜びを感じます。今日の典礼は、このことについてあらためて自問し、自分の心に正直になるよう招いています。

 イエスの真福八端は、物的でその場限りのものを信頼しないよう促すと同時に、嘘つき――多くの場合、死の商人――、幻想を抱かせる達人に従うことによって幸せをつかもうとしないよう求めています。彼らは希望を与えることができないので、わたしたちは彼らに従うべきではありません。現実をより鋭く見抜き、世俗的な精神によってもたらされた慢性的な近視状態をいやすために、わたしたちが主の助けによって目を見開くことができますように。主は、逆説的なことばを用いてわたしたちの心を駆り立て、本当にわたしたちを豊かにし、満足させ、喜びと尊厳を与えるもの、すなわち、わたしたちのいのちに意味と充満を真に与えるものを見極められるようにしてくださいます。開かれた心でこの福音箇所を聞くことができるよう、おとめマリアが助けてくださいますように。それにより、この箇所がわたしたちの人生の中で実を結び、わたしたちが決して裏切ることのない幸せのあかし人となれますように。神の幸せは決して裏切りません。

PAGE TOP