教皇フランシスコ、2019年2月24日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年2月24日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音(ルカ6・27-38参照)は、敵への愛という、キリスト者の生活の中心的な特徴について記しています。イエスははっきりと言います。「しかし、わたしのことばを聞いているあなたがたに言っておく。敵を愛し、あなたがたを憎む者に親切にしなさい。悪口を言う者に祝福を祈り、あなたがたを侮辱する者のために祈りなさい」(27-28節)。これは任意の選択肢ではなく命令です。このことばはすべての人に向けられているのではなく、イエスが「わたしのことばを聞いているあなたがた」と言っておられるように、信者に向けられています。イエスは、敵を愛することはわたしたちの限界を超えていることをよくご存じです。しかし、だからこそイエスは人となられたのです。イエスは、わたしたちをそのまま放っておくのではなく、より深く神と隣人を愛せるように変えるために人となられました。これこそが、イエスが「ご自身のことばを聞いている」人に与えてくださる愛です。ですから敵を愛することは可能です。わたしたちは、愛してくれない人、危害を加える人さえも、イエスとともに、そしてイエスの愛と霊への感謝のうちに愛せるようになるのです。

 このようにイエスは、神の愛があらゆる人の心の中の憎しみや恨みに打ち勝つことを望んでおられます。キリストの十字架のうちに頂点に達する愛の論理は、キリスト者を象徴するものであり、兄弟姉妹の心をもってあらゆる人に会いに出かけるようわたしたちに促します。それでは、どうしたら人間の本能と、報復というこの世界の法則を克服できるのでしょうか。イエスはこの福音箇所の中にその答えを示しています。「あなたがたの父があわれみ深いように、あなたがたもあわれみ深い者となりなさい」(36節)。イエスのことばを聞き、イエスに是が非でも従おうと努める人は神の子となり、天におられる御父に本当に似てきます。わたしたちは、自分が言ったり行ったりできるとは思っていなかったことができるようになります。それは前には恥ずかしいと感じていたことですが、今ではむしろ喜びと平穏を与えてくれます。もはや、ことばや行いを通して暴力的になる必要はありません。自分が優しく善良になれることが分かったのです。そのことのすべてが、自分自身からではなく、イエスからきていると、わたしたちは感じます。ですから、そのことを自慢するのではなく、感謝するのです。

 愛ほど偉大で実り豊かなものはありません。愛は人にすべての尊厳を与えますが、その反対に、憎しみと報復は、尊厳をむしばみ、神の似姿に造られた被造物の美を傷つけます。

 侮辱と悪に愛でこたえなさいというこの命令は、この世界の中で、「いつくしみの文化」という新しい文化を築きます。わたしたちはこのことをしっかり学び、その文化を正しく実践しなければなりません。いつくしみの文化は、「新たな文化的革命を起こすことができます」(教皇フランシスコ使徒的書簡『あわれみあるかたと、あわれな女』20)。それは愛の革命であり、その主人公はあらゆる時代の殉教者です。そしてイエスは、自分に危害を加える人への愛によって促される行いが無駄になることはないと断言します。「ゆるしなさい。そうすれば、あなたがたもゆるされる。与えなさい。そうすれば、あなたがたにも与えられる」(ルカ6・37-38)。これはすばらしいことです。もし寛大であわれみ深くなるなら、神が何かすばらしいものを与えてくださいます。神はわたしたちをゆるしてくださり、これからもつねにゆるしてくださるのですから、わたしたちもゆるさなければなりません。もし自分が完全にゆるせないなら、完全にゆるされることも期待できません。しかし、いつくしみに対して心を開き、兄弟姉妹同士の抱擁によってゆるしを強固なものとし、交わりのきずなを守るならば、わたしたちは善によって悪を滅ぼすことは可能であることを世界に告げ知らせます。わたしたちは危害を加えられたことをよく覚えていて、よくしてもらったことを忘れがちです。そうした傾向があるために病気になる人までいます。そうした人々は「不正義の収集家」です。彼らは行われた悪行だけを覚えています。それは、たどるべき道ではありません。その逆のことをしなければなりません。イエスは言います。よいことを覚えていなさい。だれかが陰口をたたきながらやってきて、人の悪口を言ったら、こう言ってください。「そうですか。でも、その人にはこういう良い面もあるかもしれませんよ」。会話を逆転させてください。それこそがいつくしみの革命です。

 イエスの火のように燃えるこの聖なることばがわたしたちの心に触れることにより、わたしたちが変えられ、見返りを求めずに善行を行い、あらゆるところに愛の勝利をあかしできるよう、おとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP