教皇フランシスコ、2019年3月3日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年3月3日「お告げの祈り」でのことば

兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音箇所には、賢く生きるためにたどるべき道を教えるために、イエスが弟子たちに語った短いことばが記されています。「盲人が盲人の道案内をすることができようか」(ルカ6・39)と尋ねることにより、イエスは、指導者は目の見えない人にならずに、ものごとをはっきりと見極めるべきだと強調しています。賢く導くためには、知恵をもたなければなりません。そうでなければ、自分に委ねられた人々に害が及ぶ恐れがあります。したがってイエスは、霊的な指導をする司牧者、政治家、法律家、教育者、親などの教育的な責任を担う人や統治者に注意を呼びかけ、自分たちの役割は細心の心配りを要することを自覚し、正しい道を識別して人々をその道に導くよう強く促しています。

 イエスは従うべき教育者、指導者の模範としてご自分のことを示すために、巧みな表現を用いています。「弟子は師にまさるものではない。しかし、だれでも、十分に修行を積めば、その師のようになれる」(40節)。これは、ゆるぎない賢い指導者となるためには、イエスの教えと模範に従わなければならないという招きです。この教えは、この三週間の主日に典礼が福音朗読として示した山上の説教に含まれており、正直で謙虚で正しい人となるために、従順であわれみ深い者となるよう求めています。今日の箇所には、欲張りにも偽善的にもならないよう促す、もう一つのことばがあります。「あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか」(41節)。ご存じのように、わたしたちは自分の欠点や罪には目を向けずに、他者の欠点や罪を見つけて、たやすく気楽に非難しがちです。そしてつねに自分の欠点は隠しています。他者の欠点を探すのは簡単ですが、自分の欠点は自分自身からも隠しています。そして、自分自身に対しては甘く寛大になり、他者には厳しくなるという誘惑にかられます。賢明な助言によって隣人を助けることはつねに有益ですが、隣人の欠点を見つけて正す際には、自分にも欠点があることを自覚しなければなりません。もし自分には欠点がないと考えているなら、他者を非難したり正したりすることはできません。わたしたちは皆、欠点をもっています。すべての人がそうです。そのことを自覚し、他者を非難する前に、自分自身の内側に目を向けなければなりません。そうでなければ、へりくだった心で愛を確かにあかしすることはできません。

 自分の視野がはっきりしているのか、それとも丸太によってさえぎられているのか、どうしたら分かるのでしょう。イエスはさらに言います。「悪い実を結ぶ良い木はなく、また、良い実を結ぶ悪い木はない。木は、それぞれ、その結ぶ実によって分かる」(43-44節)。実とは行いであると同時にことばでもあります。木の質は、ことばからも分かります。よい人は、自分の心と口からよいものを出し、悪い人は、不平を言う、うわさをする、陰口を言うといった、わたしたちの間で行われるもっとも有害な行いを通して、悪いものを出します。その行いは家庭を破壊し、学校、職場、近隣関係を台無しにします。戦争は舌から始まります。このイエスの教えについてしばし考え、自分自身に問いましょう。自分は他者の悪口を言っているだろうか。つねに相手を傷つけようとしているだろうか。自分の欠点より、他者の欠点の方がすぐに目につくだろうか。そして、少しずつでも、自分の欠点を直すよう努めましょう。それはわたしたち皆にとってよいことです。

 主に従ってこの道を歩めるよう、おとめマリアの助けととりなしを願い求めましょう。

PAGE TOP