教皇フランシスコ、2019年3月10日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年3月10日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 四旬節第一主日である今日の福音朗読(ルカ4・1-13参照)では、イエスが荒れ野で誘惑を受けたことが読まれます。40日間、断食した後、イエスは三度、悪魔から誘惑を受けます。最初に、悪魔は石をパンに変えるようイエスに求めます(3節)。それから高いところから世界のすべての国々を見せて、権力と繁栄を手にした救い主になれると誘惑します(5-6節)。最後にエルサレムの神殿の屋根の端に連れて行き、そこから飛び降りて、自分の聖なる力を華々しく示したらどうかと誘います(9-11節)。この三つの誘惑は、この世界がつねに成功を約束しながら示している三つの道を表しています。わたしたちを誤った方向に導く三つの道。それは、所有欲――持ちたいという欲望――、人間のうぬぼれ、そして神を利用しようとすることです。わたしたちを破滅させる三つの道です。

 第一に所有欲という道です。この道は、悪魔がつねに用いるずる賢いやり口です。悪魔は食ベ物、いのち、満足感、幸せへの欲望という本質的で正当な要望から手をつけ、神がいなくても、神を無視しても、それらがすべて手に入ると信じ込ませようとします。それに対し、イエスは「『人はパンだけで生きるものではない』と書いてある」(4節)と言って応じます。イエスは、選ばれた民が荒れ野を長い間旅したことを思い起こしながら、ご自分の子らをつねに見守っておられる御父の摂理に自らを完全に委ねたいと断言します。

 第二の誘惑は、人間のうぬぼれという道です。悪魔は言います。「だから、もしわたしを拝むなら、みんなあなたのものになる」(7節)。自分自身を満足させるために、金銭や成功や権力といった偶像によって堕落するなら、人は人間としての尊厳をすべて失います。そしてつかのまの喜びという偽の幸福感を味わいます。それによりわたしたちは、「うぬぼれ屋」になり虚栄心をもちますが、それははかないものです。だからこそイエスは「あなたの神である主を拝み、ただ主に仕えよ」(8節)と答えているのです。

 三番目の誘惑は、自分の利益のために神を利用しようとすることです。悪魔は聖書を唱え、華々しい奇跡を神に願うよう促しますが、イエスはそれに対し、へりくだった姿勢で御父に忠実に従う決意をもって応じます。「『あなたの神である主を試してはならない』と言われている」(12節)。こうしてイエスは、もっとも狡猾だと思われる誘惑を退けます。それは、神を「味方につけようとすること」、神に恵みを求めながらも、実際には自分のうぬぼれを満たすためにその恵みを役立てようとすることです。

 これらの道が、成功や幸福を得られるという幻想を抱かせながら、わたしたちの前に広がっています。しかし実際には、それらの道は、神のなさりかたとはまったく関係ありません。むしろそれらは悪魔のわざなので、わたしたちを神から遠ざけます。イエスは、御父の計画に全身全霊で従うために、こうした試練に立ち向かい、三つの誘惑に打ち勝ちました。イエスはわたしたちにも解決策を示しておられます。それは霊的な生活、神への信仰、そして神の愛への確信です。つまり、神はわたしたちを愛してくださる父親であるという確信です。その確信があればどんな誘惑も克服することができます。

 ここで一つ、おもしろいことを皆さんにご紹介します。イエスは誘惑に応じる際に、話し合ってはいません。みことばをもって三つの試練に立ち向かいました。人は悪魔と話し合わないことをこの箇所は教えています。悪魔と話し合わないでください。人はみことばをもってのみ、悪魔と立ち向かいます。

 ですから、自分自身を清め、慰めに満ちた神がおられることを感じるための特別な期間である四旬節の恩恵を受けましょう。

神への忠実さのイコンであるおとめマリアが、わたしたちの旅を支え、わたしたちがつねに悪を退け、善を受け入れることができるよう、母としての執り成しを通して助けてくださいますように。

PAGE TOP