教皇フランシスコ、2019年3月17日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年3月17日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 四旬節第二主日である今日の典礼は、主の変容について思い巡らすよう、わたしたちを導きます。この出来事においてイエスは、弟子のペトロ、ヨハネ、ヤコブに復活の栄光を前もって体験させ、天の国を地上で垣間見させています。福音記者ルカは、イエスが山の上で変容したことを伝えています。光の場である山は、この三人の弟子が体験した比類のない出来事を素晴らしいかたちで象徴しています。彼らは師であるイエスとともに山に登り、イエスが祈っておられるのを見ますが、ある時点で「イエスの顔の様子が変わり」(29節)ます。彼らはごく普通の人間の姿をしておられるイエスに日々接していたので、イエスのからだ全体が新たな輝きに包まれているのを見て驚きます。それからイエスのそばにモーセとエリヤが現れ、これから訪れる「最期」について、つまりイエスの受難と復活について語り合います。これは主の過越の先取りです。そしてペトロが叫びます。「先生、わたしたちがここにいるのは、すばらしいことです」(33節)。ペトロはこの恵みの時が終わらないよう望みました。

 主の変容は、キリストの公生活の中の決定的な瞬間に起きます。つまり、弟子たちにご自分が「必ず多くの苦しみを受け、……殺され、三日目に復活することになっている」(22節)と告げたすぐ後です。イエスは、弟子たちがこの事実――イエスが十字架につけられて死ぬという事実――を受け入れられないことをご存じです。ですから、受難と十字架上の死という思ってもみない展開に耐えられるよう、彼らに心構えをさせることで、彼らが、天の御父がどのような道筋をたどって御子を栄光に上げ、死者の中から復活させるかを理解できるようにしています。それは弟子たちにも当てはまる道です。イエスに従い、地上の生活で自分の十字架を背負わなければ、だれも永遠のいのちを得ることはできません。わたしたちはそれぞれ、自分の十字架をもっています。主は、わたしたち自身の十字架を担うことによって実現するすばらしいこと、すなわち復活というその旅の終わりを明らかにしてくださいます。

 ですから、キリストの変容は苦しみに対するキリスト者の観点を表しています。苦しみは、サディズムやマゾヒズムではなく、必要不可欠で一時的な通過点です。わたしたちが招かれている到達点は、変容したキリストの顔のように輝いています。救いと無上の幸福、光、神の限りない愛は、キリストのうちにあります。ご自分の栄光をそのように示すことにより、イエスは、わたしたちが直面している十字架、試練、問題は主の過越により解決され、克服されると約束しておられます。ですから、この四旬節に、わたしたちもイエスとともに山に登りましょう。しかしどのようにするのでしょう。祈るのです。祈ることによって山を登りましょう。それは沈黙の祈り、心からの祈り、つねに主を求める祈りです。毎日、すこしの間、思い巡らしましょう。イエスの顔を心の目で見つめ、イエスの光に満たされましょう。そしてわたしたちの人生をその光で輝かせていただきましょう。

 福音記者ルカは、イエスが「祈っておられるうちに」(29節)、変容したという事実を強調しています。イエスは御父との内的な対話に没頭し、律法と預言者――モーセとエリヤ――もその対話に共鳴します。イエスは十字架に至るまで御父の救いのみ旨に全身全霊で従ったので、神の栄光がイエスからあふれ出し、イエスの外側も照らします。兄弟姉妹の皆さん、これがあるべき姿です。キリストと聖霊のうちに祈ることは、人を内側から変え、他者と周囲の世界を照らします。わたしたちは光を放っている人、瞳が輝いている人、光あふれるまなざしをしている人に、何度出会ったことでしょう。そうした人々は祈っています。祈りがそうさせるのです。祈りは聖霊の光によって、わたしたちを輝かせます。

 四旬節の旅を喜びのうちに続けましょう。祈りと、ここ数日の典礼が豊かに与えてくれるみことばに向けて心を開きましょう。たとえイエスを理解することができなくても、キリストとともにいるすべを、おとめマリアが教えてくださいますように。イエスの栄光は、イエスとともにいることによってのみ、見えるものだからです。

PAGE TOP