教皇フランシスコ、2019年3月24日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年3月24日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 四旬節第三主日の今日の福音朗読は、神のいつくしみとわたしたちの回心について語りかけています。イエスは、実をつけないいちじくの木のたとえ話をします。ある人がぶどう園にいちじくの木を植え、夏になると期待しながら実を探しに来ますが、その木は不毛なので実を見つけることはできません。その人は三年以上、失望し続けたので、他の木に植え替えるために、その木を切り倒そうと考えます。そこでブドウ園にいた園丁を呼んで、自分が落胆していることを伝え、土地を有効活用するためにその木を切り倒すよう命じます。しかし園丁は主人に対し、その木が実を結ぶように自分が細心の注意を払いながら特別の世話をするので、もう一年耐えて待つよう懇願します。このようなたとえ話です。この話は何を象徴しているのでしょう。たとえ話の登場人物はだれを表しているのでしょう。

 主人は父なる神を、園丁はイエスの姿を表しています。そしていちじくの木は無関心で冷淡な人間です。イエスは人間のために神に執り成してくださり――イエスはつねにそうされます――、愛と正義という実を結ぶまで、もう少し待つよう神に願います。このたとえ話の中の主人が切り倒そうとするいちじくの木は、よい行いも与えることもできない不毛な人間を表します。それは、快適な生活を楽しみつつ、満足しながら平穏に自分自身のために生活しているのに、苦しみ、貧しさ、困難に見舞われた隣人に目を向けることも、心を配ることもできない人を表します。このような自己中心的で霊的に貧しい態度は、いちじくの木に対する園丁の深い愛と対照的です。園丁は主人に待つよう求めます。園丁は忍耐強いので待つことができます。そして自分の時間と労働をそのために費やします。園丁は、この不幸な木に特別な世話をほどこすと主人に約束します。

 この園丁は、わたしたちに回心する時間を与えてくださる神のいつくしみを比喩的に表しています。わたしたちは皆、回心し前に踏み出さなければなりません。そして忍耐強くいつくしみ深い神は、わたしたちのその歩みに寄り添ってくださいます。わたしたちの人生はしばしば実りを結べなくなりますが、神はわたしたちに、自分自身を変え、善への道を踏み出す機会を与えてくださいます。一方、木が実を結ぶかもしれないという期待のもとに、切り倒すのを延期するよう願い、その願いが受け入れられたことは、回心の緊急性を表します。園丁は主人に言います。「今年もこのままにしておいてください」(8節)。回心する可能性は無尽蔵ではありません。ですから今すぐにでもその機会をつかまなければ、永遠に失ってしまうかもしれません。主に近づき、回心し、悪いものを「切り倒す」には、どうしたらよいだろうかと、この四旬節に考えましょう。「いや、わたしは来年の四旬節まで待ちます」。しかし、はたして次の四旬節に生きているでしょうか。「わたしを待ってくださり、いつもゆるしてくださる神のいつくしみを前にして、わたしは何をすべきだろうか」と、今日、各自で考えましょう。どうするべきでしょうか。わたしたちは神のいつくしみを裏切らずに、心から信頼しなければなりません。霊的な怠惰を正当化せずに、そのいつくしみに心からすぐに答えるよう努めなければなりません。

 主は四旬節の間中、回心するようわたしたちを招いています。わたしたち一人ひとりは、その呼びかけが自分に向けられていることに気づき、自分の生き方、考え方、行い方、他者とのかかわり方を正さなければなりません。それと同時に、すべての人が「再び起き上がり」、旅を続ける力をもっていると信じておられる神の忍耐強さに倣わなければなりません。父なる神は、弱い炎を吹き消すのではなく、弱い人に寄り添い、気づかってくださいます。それにより、彼らは力づけられ、共同体に愛の貢献ができるようになるのです。復活祭に向けて備える日々を、霊的に新たになるとき、神の恵みといつくしみを受け入れ、信じるときとして過ごすことができるよう、おとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP