教皇フランシスコ、2019年5月8日一般謁見演説:ブルガリアと北マケドニアへの司牧訪問

 

教皇フランシスコ、2019年5月8日一般謁見演説
ブルガリアと北マケドニアへの司牧訪問

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、おはようございます。

 わたしはブルガリアと北マケドニアへの三日間の司牧訪問を終えて、昨夜遅くに戻ってきました。この訪問を実現させてくださったことを神に感謝するとともに、敬意をもって温かく迎え入れてくださった両国の政府にも改めて感謝の意を表します。また、熱意をもってこの旅に同行してくださった司教団と教会共同体に、心から「ありがとう」と言いたいと思います。

 ブルガリアでは、1925年に教皇特使として派遣され、その後、教皇使節としてブルガリアに留まった聖ヨハネ23世の記憶に導かれました。彼の思いやりと司牧的な愛の模範に導かれ、わたしはブルガリアの人々と出会い、「地上の平和」というモットーのもとに中部、東部、南部ヨーロッパの間に架け橋を築くよう呼びかけました。わたしは兄弟愛の道を歩むよう皆さんに呼びかけました。そして、喜びのうちにブルガリア正教会ネオフィト総主教と主教の皆さんと会見しました。キリスト者としてのわたしたちの召命と使命は、まさに一致のしるしと道具となることです。それは、自分たちを分裂させてきたものと、いま分裂させているものよりも前に、わたしたちを一致させるものを、聖霊の助けのもとに置くことによってなされます。

 現在のブルガリアは聖チリロと聖メトジオによって宣教された国の一つです。聖ヨハネ・パウロ二世は、この二人に聖ベネディクトを加えた三人をヨーロッパの守護聖人としました。ソフィアにある聖アレクサンドル・ネフスキー総主教座大聖堂では、この二人の聖人の画像の前で祈りました。彼らは、ギリシャのテサロニケを起源とする自らの文化を通して、工夫をこらしてキリスト教のメッセージをスラブ民族に伝えました。聖書と典礼文書をスラブ系の言語に翻訳するために、新たな文字を考案したのです。福音をまだ知らない人に福音を告げ知らせ、古代のキリスト教のルーツが失われつつある国に信仰を再び注ぎ込むためには、情熱と創造力にあふれる宣教者が今でも必要とされています。こうした観点のもとに、わたしはブルガリアのカトリック共同体とともにミサを二度ささげ、希望をもって力強く活動するよう彼らを励ましました。深い信仰と愛情を示してくださった信者の皆さんに、改めて感謝します。

 ブルガリアでの最後の行事は、さまざまな宗教の代表者とともに行われました。信仰と希望の象徴であるたいまつを子どもたちがかかげる中、わたしたちは平和のたまものを神に願い求めました。

 北マケドニアでは、1910年にスコピエで生まれたコルカタの聖マザー・テレサが、つねにわたしに霊的に寄り添っていました。彼女はスコピエの小教区で入信の秘跡を受け、イエスを愛するようになりました。小柄でありながらも、聖霊の働きによって力に満ちあふれていたこの女性のうちに、わたしたちはこの国と世界の他の周縁地における教会の姿を見ることができます。それは小さい共同体ではありますが、キリストの恵みによって、生きる上での安らぎを多くの人に与える、もてなしの家となっています。マザー・テレサ記念館では他の宗教の指導者の参列のもとに、大勢の貧しい人々とともに祈りをささげ、マザーにささげた巡礼聖堂のための礎石を祝福しました。

 北マケドニアは、1991年に独立した国です。教皇庁は当初からその歩みを支えるよう努めてきました。この訪問においてわたしは、この国が伝統として備えている、異なる民族や宗教を受け入れる力をとりわけ強めたいと思いました。また、2015年から2016年までの危機的な時期に、この国が大勢の移住者と難民を受け入れ、支援したことを称賛したいと思っていました。この国には広く受け入れる大きな心があります。移住者は彼らにいくつかの問題を投げかけましたが、彼らは移住者を受け入れ、愛し、その問題を解決しました。北マケドニアの人々に喝采を送りましょう。

 北マケドニアは建国したばかりの若い国であり、自らのルーツを失わずに、広い地平に向けて開かれる必要のある小さな国です。だからこそ、若者との出会いがこの国で行われたのです。キリスト教の諸教派と他の宗教――例えばイスラム――の若者が皆一つになって、人生で何かすばらしいものを築き上げたいと望んだのです。わたしは大きな夢を抱くよう若者を励ましました。そして、祈りと困窮している兄弟姉妹のからだを通して語りかけておられる神の声に耳を傾けながら、少女アグネス――未来のマザー・テレサ――のように働くよう促しました。かつて「神の愛の宣教者会」を訪れた際、わたしは修道女たちの福音的な優しさに心を打たれました。その優しさは祈りと礼拝によってもたらされます。彼女たちはだれをも受け入れ、自分がすべての人の姉妹であり、母であると感じながら、優しさにあふれて活動しています。わたしたちキリスト者はしばしばその優しさを見失います。優しさが失われると、ひどく辛らつで気難しくなってしまいます。彼女たちは愛のわざを優しく行っていますが、その愛は紛れのないものです。もし優しさも思いやりもなく、愛のわざを行うなら、それはまるでコップに入った酢を愛のわざに投げつけているようなものです。それではいけません。愛のわざは酢のように舌を刺すものではなく、喜びなのです。あの修道女たちこそが輝かしい模範です。神が彼女たちを祝福してくださいますように。

 スコピエでは、若者のことばだけでなく、キリストに自分の人生をささげた司祭や修道者のことばにも耳を傾けました。彼らは、「主よ、教会や世界が抱える問題の前で、わたしのこの小さなたまものは何になるのでしょう」と問いかける誘惑に遅かれ早かれかられることでしょう。ですからわたしは、ほんの少しのパン種が生地全体をふくらませ、少量の純粋で濃い香水が全体を素晴らしい香りで包むと、彼らに伝えました。

 それは、全人類にとっての新しいいのちの種であるイエスの聖体の神秘です。その後、マケドニア広場でミサをささげ、現代ヨーロッパの片隅で、わずかなパンと魚で大勢の空腹を満たすという、神の奇跡を再現しました。今回の訪問で訪れた国の人々の現在と未来を、神の計り知れない摂理にゆだねましょう。そしてブルガリアと北マケドニアの両国を聖母が祝福してくださるよう祈りましょう。

PAGE TOP