教皇フランシスコ、2019年5月12日「アレルヤの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年5月12日「アレルヤの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音箇所(ヨハネ10・27-30参照)の中でイエスは、神の民の真の羊飼いとして示されています。イエスは、ご自分の弟子を表す羊の群れとご自身の関係について語り、それが互いに認め合う関係であることを強調します。「わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに従う。わたしは彼らに永遠のいのちを与える。彼らは決して滅び」(27-28節)ないと、イエスは語っています。この箇所を注意深く読むと、イエスの行いがいくつかの動作として表現されていることが分かります。イエスは言い、知り、永遠のいのちを与えます。そして守ってくださいます。

 よい羊飼い――イエス――は、わたしたち一人ひとりに目を配り、わたしたちを探し、わたしたちを愛し、みことばを伝え、わたしたちの心の奥底、願い、希望、失敗や失望をご存じです。イエスはわたしたちのあるがままの姿を、長所も短所も含めて受け入れ、愛しておられます。イエスはわたしたち一人ひとりに「永遠のいのちを与えます」。つまり、いつまでも完全に生きる機会を与えてくださいます。イエスはさらに、わたしたちを守り、優しく導き、人生における険しく、ときには危険な道を渡るのを助けてくださいます。

 よい羊飼いであるイエスがわたしたちとかかわる方法を表現することばと動きは、「わたしの声を聞き分け」、「わたしに従う」というように、わたしたち羊を表す動詞として示されます。それらは、主の思いやりにあふれる優しい姿勢にどのように応えるべきかを教えています。イエスの声を聞き分けることは、イエスとの親しさを表します。その親しさは、祈りを通して、つまりわたしたちの魂の主であり羊飼いであるイエスと心と心で触れ合うことを通して深まります。このようにイエスと親しくなり、心を開き、イエスと語らうことにより、イエスに従いたいという思いがますます強まります。そして、イエスに倣いつつ、兄弟愛と自己奉献という新しい道を歩むために、自分勝手な行いをやめ、誤った道の迷路から出たいと思うようになるのです。

 イエスこそが、わたしたちに語りかけ、わたしたちを知り、わたしたちに永遠のいのちを与え、守ってくださる唯一の羊飼いであることを忘れないようにしましょう。イエスの唯一の群れであるわたしたちは、つねにイエスの声に耳を傾けなければなりません。イエスはわたしたちの心の誠実さを、優しく見極めておられます。このようにわたしたちの羊飼いであるイエスとつねに親しくかかわり、対話することにより、イエスに従う喜びが生まれ、永遠のいのちの充満への導きに身をまかせるようになるのです。

 よい羊飼いであるキリストの母マリアに向かいましょう。マリアはためらうことなく神の呼びかけに応えました。聖職者や修道者になるよう召された人々が、神の呼びかけに喜んですすんで応え、福音の告知と、現代の神の国への奉仕のためにさらに直接的に働く協力者となれるよう、マリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP