教皇フランシスコ、2019年6月5日一般謁見演説:ルーマニアへの司牧訪問

 

教皇フランシスコ、2019年6月5日一般謁見演説
ルーマニアへの司牧訪問

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、おはようございます。

 先週末、わたしはルーマニアの大統領と首相の招きを受けて、同国を司牧訪問しました。お二人にあらためて感謝するとともに、民間団体や教会の代表、そしてこの訪問を実現させるために協力してくださった方々に感謝致します。そして何よりもまず、聖ヨハネ・パウロ二世の訪問の20年後に、使徒ペトロの後継者にこの国を訪れさせてくださったことを、神に感謝したいと思います。

 わたしは、この司牧訪問のモットーにもあるように、一言でいうと「ともに旅する」ことを促しました。はるか遠くや、ずっと上からではなく、ルーマニアへの巡礼者として、現地の人々の間に入って歩くことができて、とても嬉しく思っています。

 さまざまな出会いが、ともに旅することの大切さと必要性を示していました。キリスト者との出会いでは信仰と愛の面が、一般市民との出会いでは民間の活動の面が示されました。

 わたしたちキリスト者は、諸教派間で兄弟愛に満ちた関係を築く時代に生きるという恵みを受けています。ルーマニアの信者の大半は正教会に属しており、今はダニエル総主教がその指導者です。わたしの兄弟愛と感謝の念は、総主教に向けられています。「東方典礼」においても「ラテン典礼」においても、カトリック共同体は生き生きと盛んに活動しています。キリスト者の一致はまだ不完全ですが、唯一の洗礼に基づいており、血によって、そして迫害の時代、とくに前世紀の無神論政権の時代にともに受けた苦しみによって、さらに強固になっています。イエス・キリストへの信仰を同じように告白し、正教会とカトリック教会と友好な関係にあるルーテル教会の共同体もあります。

 ダニエル総主教と、ルーマニア正教会の主教会議の主教たちともに、非常に和やかな会見を行いました。その中でわたしは、和解の記憶のうちに、完全な一致に向けてともに旅したいというカトリック教会の意向を強調しました。これは、聖ヨハネ・パウロ二世が訪れた際にルーマニアの人々自身が預言的に願い求めたことです。今回の訪問において極めて重要なエキュメニカルな側面は、ブカレストにあるルーマニア正教会の新しい総主教座聖堂で、荘厳な雰囲気の中でささげた「主の祈り」において頂点に達しました。それは、象徴的に非常に価値ある瞬間でした。「主の祈り」はキリスト者の至聖なる祈りであり、洗礼を受けたすべての人に共通する財産だからです。「わたしの父よ」「あなたの父よ」とは決して唱えません。「わたしたちの父よ」と唱えます。それは洗礼を受けたすべての人に共通する財産だからです。一致は正当な多様性を奪うものではないことが、そこで示されました。わたしたちがより一層、神の子どもとして、兄弟姉妹として生きることができるよう、聖霊が導いてくださいますように。

 カトリック教会として、わたしたちは三つのミサをささげました。第一のミサはブカレストで、5月31日、聖母の訪問の祝日に行われました。聖母マリアは、信仰と愛のうちに旅を続ける教会のイコンです。第二のミサは、数多くの巡礼者が訪れるシュムレウ・チュクの聖母巡礼地でささげられました。さまざまな言語、文化、伝統をもつ信者が聖母のもとに集いました。最後は、ルーマニアの東方典礼カトリック教会の中心地であるブラジで聖体礼儀をささげ、七人の東方典礼カトリック教会の司教の列福式も執り行いました。彼らは福音によってもたらされる自由といつくしみのあかし人です。その中の一人、福者イウリウ・ホッス司教は獄中で次のように記しています。「ゆるしと、すべての人の回心のために祈るために、神はこの苦しみの闇の中にわたしたちをお遣しになったのだ」。激しい拷問の中で記されたこのことばこそ、いつくしみのあかしです。

 東西の十字路にある重要な文化的な拠点である古都ヤシで行われた若者と家族の方々との集いは、とりわけ情熱的で盛大でした。そこでは、新たな道を歩み始めるよう招かれました。それは、豊かな多様性のうちに、さらには根を断ち切るのではなく、その根を創造的にさらに育む自由のうちに、ともに旅する道です。この集いもまた、マリアにささげられ、若者と家族を聖母にゆだねることによって締めくくられました。

 最後の訪問地ブラジでは、ロマの共同体を訪ねました。この都市には、ロマの人々が大勢います。ですからわたしは彼らにあいさつすると同時に、あらゆる差別への反対を訴え、すべての民族、言語、宗教の人々を尊重するよう改めて呼びかけました。

 皆さん、この司牧訪問を実現させてくださったことを神に感謝しましょう。そしてルーマニアとその教会に豊かな実りがもたらされるよう、おとめマリアの取り次ぎをとおして神に願いましょう。

PAGE TOP