教皇フランシスコ、2019年6月30日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年6月30日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読(ルカ9・51-62参照)の中で聖ルカは、エルサレムに向けたイエスの最後の旅について記し始めます。その旅は19章まで記されています。それは長い旅ですが、地理的に距離が長いというだけでなく、救い主の使命の成就に向けた霊的、神学的に長い旅でもあります。イエスの決断は抜本的で徹底したものです。そしてイエスに従う人々はその決断に自分自身を合わせるよう求められます。福音記者ルカは、三人の人物――三つの召命とも言えます――を示すことにより、最後まで完全にイエスに従いたいと望む人に求められることを明らかにしています。

 最初の人は「あなたがおいでになる所なら、どこへでも従って参ります」(57節)と、イエスに約束します。なんという潔さでしょう。しかしイエスはこう答えます。狐には穴があり、鳥には巣があるが、人の子には「枕する所もない」(58節)。イエスはまったく貧しい状態にあります。イエスは神の国をご自分の失われた羊に告げ知らせるために、父の家を去り、あらゆる安全を手放しました。世界におけるわたしたちの宣教とは、じっとしているのではなく、出向いていくものであることを、イエスはこのようにご自分の弟子であるわたしたちに示しています。キリスト者は旅する人です。教会はその本質上、自分の囲いの中でじっと静かにしているのではなく、動いています。教会は広大な地平へと開かれており、――教会はまさに遣わされています――道々福音を伝え、はるか彼方にいる人々のもとに出向くために遣わされます。これこそが最初の人が示していることです。

 イエスが二番目に会った人は、イエスがじかに呼びかけたにもかかわらず、「主よ、まず、父を葬りに行かせてください」(59節)と答えます。それは、父母を敬えという律法に即したもっともな願いです(出エジプト20・12参照)。しかしイエスは「死んでいる者たちに、自分たちの死者を葬らせなさい」(ルカ9・60)と答えます。このように挑発的なことばを故意にかけることにより、イエスは神の国に従い、神の国を告げ知らせることが最優先であり、家族といったもっとも重要な人間関係よりも優先すべきであることを強調しようとします。死の鎖を断ち切り、永遠のいのちをもたらす福音をすぐにでも伝える必要があるので、遅れることは許されず、迅速さと熱意が求められます。このように教会は旅しています。教会は待っているのではなく、決意をもってただちに迅速に、その場で行動するのです。

 三番目の人は条件付きでイエスに従いたいと願います。まず家族にいとまごいに行かせて欲しいと願ったのです。そしてイエスはこう答えます。「鋤に手をかけてから後ろを顧みる者は、神の国にふさわしくない」(62節)。イエスに従う際には、郷愁に浸ったり、後ろ向きに考えたりせずに、決断力をもって行動しなければなりません。

 教会はイエスに従うために旅をし、決意のうちにただちに行動します。イエスが示したこの三つの要素――旅、迅速さ、決意――は、人生の正しく大切なことがらに「ノー」と言い続けることを意味するのではありません。そうではなく、キリストの弟子になるという第一の目的が何よりも強調されるのです。神の計り知れない恵みに報いるために、愛のうちに、自由にすすんで選び取るのです。自分自身を高める方法として選択するのではありません。それは悲しいことです。自分自身のためになるから、自分の経歴を重ねるため、自分が重要視されるため、名声を得るためにイエスに従うと考える人は、不幸な人です。イエスはご自身と福音に対して情熱を抱くよう、わたしたちに望んでおられます。その熱い情熱は、受け入れられ、世話してもらうことをもっとも必要としている兄弟姉妹に寄り添うために、迅速で具体的な行動をとることとして表れます。それはまさに、イエスがなさったことです。

 わたしたちが主イエスに喜んで従い、愛を新たにし、兄弟姉妹に救いの福音を伝えられるよう、旅する教会のイコンであるおとめマリアが助けてくださいますように。

PAGE TOP