教皇フランシスコ、2019年7月14日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年7月14日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音朗読は、皆さんがよく知っている「善いサマリア人」のたとえ話です(ルカ10・25-37参照)。永遠のいのちを受け継ぐには何をしたらよいかと、ある律法の専門家に尋ねられ、イエスは聖書の中にその答えを探すよう促し、答えます。「心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい」(27節)。しかしこの「隣人」とはどんな人を指すかについては、さまざまな解釈があります。実際、この専門家も尋ねています。「では、わたしの隣人とはだれですか」(29節)。そしてイエスは、この素晴らしいたとえ話を用いて答えます。皆さん、今日は福音書を手に取り、ルカによる福音書の10章25節を開きましょう。これは福音書の中でもっとも美しいたとえ話の一つです。しかもそれはキリスト者の生き方の指標となっています。キリスト者がどう行うべきかを示す模範となっているのです。この宝を与えてくれたことを、福音記者ルカに感謝しましょう。

 この短いたとえ話の主人公は、追いはぎに襲われて服をはぎ取られ、殴られた人に道で出会い、その人を介抱したサマリア人です。ご存じのように、ユダヤ人はサマリア人のことを、選ばれた民に属さない人として軽蔑していました。したがって、イエスがこのたとえ話の中のよい人としてサマリア人を選んだのは偶然ではありません。外国人でも、また真の神を知らず、神殿にも行かない人でも、助けを必要としている兄弟姉妹をあわれに思い、できる限り介抱することで、神のみ旨に従うことができることを示すことにより、イエスは人々の先入観を打ち砕こうとしているのです。

 サマリア人の前には、祭司とレビ人が同じ道を通りました。彼らは神を礼拝するために人生をささげていましたが、この哀れな人が地面に横たわっているのを見ても、立ち止まらずに行き過ぎました。おそらくその人の血によって汚されたくないと思ったのでしょう。すべての人にいつくしみを注ぎたいと願っておられる神の偉大なおきてよりも、この二人は礼拝と結びついた人間のおきて――血によって汚されてはならない――を優先したのです。

 このようにイエスは一つの模範としてサマリア人を示しています。しかも、彼は信者ではなかったのです。たとえ不可知論者であるかもしれなくとも、善い行いをしている多くの知人のことも考えましょう。イエスは模範として、信者ではない人をお選びになります。そしてその人は、自分自身のように兄弟姉妹を愛することにより、自分が全身全霊で神――彼がまだ知らない神を――を愛していることを明らかにすると同時に、真の信仰心と豊かな人間愛を表します。

 この非常に美しいたとえ話をした後に、イエスは再び、「わたしの隣人とはだれですか」と尋ねた律法の専門家に問いかけます。「あなたはこの三人の中で、だれが追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うか」(36節)。このようにイエスは、相手の質問だけでなく、わたしたちの考え方も逆転させます。自分の基準のもとに相手が隣人であるか否かを決めるのはわたしたちではありません。助けを必要としている人こそが、相手を隣人であると認めることができるのです。「その人を助けた人です」(37節)。あわれみを感じられるかどうかが肝心です。それはわたしたちにとっても同じです。困窮している人の前であわれみを感じ、心を動かされるなら、それは正しいことです。どうか気をつけてください。自己中心的な冷淡さに心を支配されないように気をつけましょう。あわれみを感じられるかどうかが、キリスト者の、さらにはイエスの教えの試金石です。イエスご自身こそが、わたしたちへの御父のあわれみなのです。もし通りを歩いているときにホームレスの人が横たわっているのを見かけ、その人から目をそらして行き過ぎ、「酒を飲みすぎて酔っているのだろう」と考えるなら、あなたは相手が酔っているかどうかではなく、自分の心がかたくなになっていないか、氷のように冷たくなっていないか自問すべきです。この結末が示していることは、助けを必要としている人へのあわれみは、愛の真の顔だということです。こうして、人はイエスの真の弟子となり、御父の顔が現れます。「あなたがたの父があわれみ深いように、あなたがたもあわれみ深い者となりなさい」(ルカ6・36)。御父は思いやりのある、あわれみ深いかたです。思いやりをもって、わたしたちの苦しみ、罪、悪行、不幸に寄り添ってくださるのです。

兄弟姉妹への具体的で深い愛と、御父との間の断ち切れないきずなを理解し、そして何よりもそれを日々ますますあかしできるよう、おとめマリアがわたしたちを助けてくださいますように。あわれみを感じる恵みと、思いやりをもって成長する恵みをマリアが与えてくださいますように。

PAGE TOP