教皇フランシスコ、2019年8月4日「お告げの祈り」でのことば

 

教皇フランシスコ、2019年8月4日「お告げの祈り」でのことば

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。

 今日の福音(ルカ12・13-21参照)は、ある人が群衆の中から声を上げ、家族の遺産に関する法的な問題についてイエスに尋ねた場面から始まります。しかしイエスは彼に答えずに、むしろ貪欲、所有欲に支配されないよう人々を促します。富への際限のない欲求から聴衆を引き離すために、イエスはある愚かな人のたとえ話をします。その人は思いもよらない豊作に恵まれ、蓄えができたので安心します。皆さんもこの箇所を今日、読んだらよいでしょう。ルカによる福音書12章13節です。多くのことを教えてくれる素晴らしいたとえ話です。この話は、金持ちが自分のために計画していることと、神が彼のために計画しておられることを対比させることにより、さらにはっきりとしたものになります。

 金持ちは三つのことを考えています。彼自身のこと。何年もかけて蓄え、自分に安心感を与えてくれる財産のこと。そして三番目には平穏な暮らしと、際限のない快楽のことです(19節参照)。しかし彼に対する神のことばが、彼の計画を無にします。神は「何年も先のこと」ではなく、今すぐ起こることを指摘されます。「今夜、お前のいのちは取り上げられる」。神は「生活を楽しむこと」ではなく、「いのちを返すこと、いつかは神にいのちを戻すこと」を彼にお教えになります。金持ちは蓄積された富を、あらゆることの土台ととらえていますが、その考えはこの手厳しい質問によって行き詰まります。「お前が用意した物は、いったいだれのものになるのか」(20節)。遺産をめぐる争いや、家族の中のさまざまなもめごとについて考えましょう。孫やおいなど、どれほど多くの人が、――よくある話ですが――だれかが亡くなるとやってきて、「自分の取り分は何か」を知ろうとし、何もかも持ち去ります。この金持ちは、具体的な現実のように思えても、実は空想にすぎないことについて考えています。それらを対比させることにより、神が彼を「愚か者」とお呼びになったことに納得がいくようになります。彼は神を否定し、神のことを考えなかったので、愚か者なのです。

 福音記者ルカによって語られるこのたとえ話の結末は、ほかに類をみないほど厳しいものです。「自分のために富を積んでも、神の前に豊かにならない者はこのとおりだ」(21節)。それは、わたしたちが見据えるよう招かれている展望を示す警告です。物的財は必要で、大切なものですが、それらは誠実に生き、困窮している人と分かち合うためのものです。今日イエスは、富が人の心を隷属させ、天にある真の宝から注意をそらさせることについて考えるよう、わたしたちに呼びかけています。聖パウロもそのことを第二朗読の中で伝えています。「上にあるものを求めなさい。……上にあるものに心を留め、地上のものに心を引かれないようにしなさい」(コロサイ3・1-2)。

 それは現実から遠ざかることではありません。それどころか、人間の真の尊厳にとって欠かせない、正義、連帯、歓待、兄弟愛、平和などの真に価値のあるものを探し求めることを意味しています。それは、世俗的な理屈ではなく福音に従った生き方をするということです。全身全霊で神を愛し、イエスが愛したように隣人を愛すること、つまり奉仕し自らをささげて生きるのです。物に対する貪欲、物を持ちたいという所有欲は、決して心を満たさず、さらなる飢えを招きます。強欲とは、キャンディーをなめる人のようです。一つなめたら、「おいしい」と言ってもう一つ手にとり、次々となめていきます。このように、強欲は決して満たされません。どうか注意してください。福音に従って生きる中で理解され、実践される愛こそが、真の幸せの源です。物的財や財産をどこまでも求めることは、不安や敵意、不正行為、戦争をもたらします。多くの戦争が貪欲によってもたらされているのです。

 いつかは消えてしまう安心感に心をとらわれずに、福音の永遠の価値を確かにあかしできるよう、おとめマリアがわたしたちを助けてくださいますように。

PAGE TOP